FC2ブログ

デジモンカードで遊ぶ会のれぽーと

大会レポ
11 /12 2018
こんばんは。八坂です。

今回は一昨日主催させていただきましたデジモンカードを遊ぶ会のレポートを書いていきます。

これを企画したのは10月下旬。シーズン1大会などでデジカ熱がかなり高まっていた頃なのですが、一方でカードランドさんの大会が終わってしまい、定期的にデジカをやる機会がなくなってしまいました。

デジカをやるだけなら普段遊ぶ仲間と遊ぶことは出来ますが、僕は大会形式で全力で勝ち負けを競う場の方が好きです。
しかしデジカ仲間は割と大会でなくとも満足な人も多く、またおなじみ交流会はデジカの大会としていつも楽しみにしていますがデジカのみじっくりを楽しむにはもったいない場ですので、目下僕が求める場は存在しない事が予想できました。

そんな訳で、無いなら自分でやるしかないやと企画させていただきました。


自分の企画という事でやる事は僕のやりたかった事でまとめました。

・シーズン1大会
誰でも簡単にデックが組め、誰でもいい勝負ができる事から僕の大好きなフォーマット。
初心者から上級者までみんなが盛り上がれるので是非やりたいと思いました。

・Re環境大会
最新のカードが使える普通のデジカ大会がやりたくてやりました。

これまでデジカ大会はまあまあ色々な所で開かれてきたのですが、主催毎にちょいちょいルールや禁止カードが違ったりして面倒くさいという意見があったりしました。

そこでなるべく主催の色が出ないニュートラルな状態にしたいと思い、基本ルールは公式準拠。禁止カードは無しにしました。

主催によって違うのが面倒なんだからどっかに合わせて統一しろよという考えはごもっともで、最も実績のある交流会ルールと同一にしようとも考えたのですが、交流会ルールも不変のものではなく今でも適切なルールを模索しているところであるため、全ての元になる不変の基点として公式ルールに準拠する事にしました。

使えるカードはSt、Bo、Sx、Bxナンバーに加えてReナンバーのカード。と、全ての特典デジモンカード。
これはSt〜Bxについては公式準拠。Reについては最新のカードが出てるんだから使えなきゃ意味がないという事で使用可。
特典デジモンカードについては、僕がずっとやってきた交流会環境で許可されていたためそのままやりたいというぶっちゃけ主催の色と言うべき要素でお恥ずかしい限りなんですが、「カードは問題がなければ基本的に全部使いたい」「特典カードはデジモンだけならぶっ壊れは無い」という考えにも全面的に同意できるので今回この基準を採用しました。
また、裁定やエラッタについても基本は公式に従いますが、公式のサポートがない事例も数多くあり、それら一つ一つに新しく裁定を考えるのは非常に手間なので、多くは実績のある交流会の裁定に従う事になります。

・アルティメットバトル
ずっとやりたいと思ってるコンテンツ。ただ僕以外にモチベがある人が少なく、大会を開催しても参加者が全然いないと寂しいので大会は無し。でもやる気のある人に考えて欲しいのは常にそうなので景品を用意して挑戦者を募る形にしました。


ていうかこれイベント案内にでも載せるべき内容ですね。ツイプラに書いてあったらくどいからイベント詳細記事でも書いて。まあいいですけど。


※当日レポート※

会場したのが10時。ありがたい事にその時点でもう参加者が数人いたのでいるメンバーでゆるーくフリプ。ここから閉場まで、大会中でなければずっとどこかの卓でフリプが行われていましたね。

11時からはシーズン1大会。参加者は僕も含めて5名でした。
用意した景品はストレージ&デックケースセット。20th特製ブースターパックとシーズン1を象徴するカードがおまけに入ってます。
image1 (2)

参加者も多くないですしきっちりやらんでも大丈夫でしょとたかを括って制限時間無しの総当たりで開催したところ、初戦からある卓がとんでもなく長引き、そこが終わるまでにそこ以外の3人の総当たりが終わってなお続いてるみたいな事態も起こりましたが、まあ時間を押すこともなくちゃんと終わりました。

軽く個人レポート。
使用デックはMEスタンダード。構築上のポイントはウィルスデックに途轍もなく強いリターンマッチだ!を1枚積んだ事ですね。

1戦目はモノクロモンデック。モノクロモン大好きプレイヤー自慢のファンデックでした。
ゴツモンからモノクロモンに進化された時点でコンセプトは理解。データ種で固まっているのでガードロモンとB完全体最強のビッグマメモンのどちらも裏目なく戦えるのでここら辺で戦いつつ究極体を目指せば常時有利に戦えると方針を立てました。
相手のデックの強かった点はプラグインがあまり強く使えないバトルタイプBで戦うにあたり、液晶化フロッピーと危機からの反撃で戦ってきた点です。この二枚なら条件付きですが究極体にも強く戦えます。
また、液晶化フロッピーで捲れたカードがロゼモンであったことからヴァーミリモン→ロゼモンの進化ルートも入っている事が判明しました。
ここで相手のデックが入ってるカードまでほぼ割れたので、危機からの反撃を撃たれずロストポイントも低めのガードロモンで戦うか、究極体まで進化してポイント回復を狙うかのどっちかで戦い、どっちつかずのビッグマメモンでいる時間は少なくプレイしようと心がけました。そういう感じでプレイして危なげなく勝ち。

2戦目はアグモン→グレイモン→メタルグレイモン →ウォーグレイモンと進化するアニメ進化デック。
バトルタイプがAに固まっているのでビッグマメモンやメタルガルルモンなら有利に戦えるほか、グレイモンとウォーグレイモンも同じカードなので不利はつかないかなという感じ。ゴーレモンが入ってる可能性はありましたが出てきませんでしたね。
プレイ中変わった事といえばメタルガルルモンを引けず、ほぼ間違いなくポイントゲージに行ってることがゲーム中にわかったため究極体に進化するのがキツいままお互いに進化しない展開になるようにプレイしてその通り勝ったぐらいですね。

3戦目はスタンダードMEが相手。多分特に変わったことのない構築だったかと。
変わったところのない構築ということは普通に強い構築ということですね。押しつ押されつを繰り返してなんとか勝ちました。

4戦目はやや珍しいNsoスタンダードが相手。
珍しい相手ですが、進化ルートはおなじみのペンデュラムルートなのでステータスは大体わかります。また進化ルートにCを取っていない構築だったのでビッグマメモンやメタルガルルモンで有利に戦えました。最後には有利な状態だと非常に強いリターンマッチだ!をメタルガルルモンで使って勝利。
と言うわけで全勝でゆーしょー。用意した景品は防衛させていただきました。


シーズン1大会が終わったのが14時前。小腹が空いたのと参加者が少し遅れるという事でデジカ大会の開始を遅らせてご飯タイムにしました。

その後15時からデジカ大会。参加者は8人のスイスドロー3回戦です。今回は1戦30分の制限時間をつけました。
景品はアルティメットバトルセット:ロイヤルナイツセットです。強力カードが数多く詰まったすごいセット。僕も欲しいです。
image2.jpeg

デックの内訳は
triブレード
ズバビート
特典メガログラウモン
コクワ感染HOS
感染インペコアロック×2
フェアリモン
B22マグナ


ガチめなデックもありますが基本カジュアルな環境でしょうね。

以下個人レポート。
使用デックはいつものtriブレード。
使用理由は久々にヴァイス01が使えるのでヴァイス込みでの経験を積みたいからです。メタられて負ける事も経験。

1戦目の相手はズバビート。ここのところ流行りの強いデック。

ディフィートでなければブレードを振れば勝てるのと、ディフィート相手ならオメガを出現させればポイントでそれほど困らないので負けない立ち回りは難しくないですが、オメガで無限に回復できるので勝ちきるのもなかなか難しかったです。
お互いにまあまあ楽に回復できるので、全体的に有利なものの時間だけが過ぎていき制限時間間近。ポイントは勝っていたので最後にミミを2連打してチィリンモンを使われなかったので何とか勝ち。
時間内にしっかり勝つのは難しかったですが有効打の無いあちらの方がもっと辛かったはずなのでその点では有利なマッチアップだったと言えるでしょう。

2戦目はどっかの特典のメガログラウモン。
レベルⅢが赤枠ハグルモンで初っ端からクロックモンで回復してきたのでHOSヴォルクを警戒します。
ヴォルク及びalter-Bなどのワンショットがあるデック相手では後攻を渡さない事が何よりも大事。後攻さえキープできればひとまずワンショットをケアできるからです。
この時点で後攻を絶対に渡さずキュートでポイントアドを取ってミミと争いで削り、ラストの一発だけブレードで決めるプランで行こうと決めました。ダブルブレードで勝つプランも一瞬考えましたがハグルモンはブレードで落とせない事を思い出したので無しです。
概ねその通りに回して良かったのですが、途中相手にメガログラウモンに進化され、予想していなかったのでどうしようかと迷い、オメガで年季を使って殴りきるプランに舵をとったりしかけましたが最終的に今のプランで問題はないと判断しました。
結果はブレードを振って勝ち。どうも相手はブレードを知らなかったようなので無警戒ならそりゃ勝つなと言う感じでした。ヴォルクを警戒しましたが結局ヴォルクではなかったため、結果的には有利なマッチアップだったと言う事でしょう。

3戦目、決勝の相手はお馴染みのハグルモンではなくコクワモンを使ったHOS。
コクワモンを選んだ理由は聞きそびれましたが、コクワHOSは進化先を援護持ちで統一できるのでガンドラモンを強く使えるらしいとか何とか。
HOSに加えて豹変をガン積み。更にコンビネーションアタックも序盤からガンガン使っていく構築で、なるほどブローだろうがスロット流しだろうが何をされてもパワーでは勝つという意思を感じます。
ですがそういう表記能力以外のパワーデックにはオメガブレードは絶対に負けないので、ゆったりと準備を整え、御誂え向きにハグルモンじゃないのでダブルブレードで首を刎ねて終了。


と言うわけでどちらの大会も優勝しました。ありがとうございます。デジカ大会の方の景品のアルティメットバトルセットは僕が用意したものじゃないので素直に嬉しいです。
デジカ大会の方は有利なマッチアップしか踏まなかったのでなんだかなあと言う感じですがまあいいでしょう。


大会が終わった後は8時ぐらいまでフリプタイム。その場で最強のアルティを組んで挑んでくれた方がいたので濃厚なアルティをできたのが個人的に最高でした。ちなみに負けたので豪華賞品をプレゼントしました。またその後他のデックでも挑んで負けたのでアルティは負け負け。次は絶対に勝ってやりましょうね。


終わった後は直帰する組と飯でも食べる組に分かれて解散。飲みまで含めてとても楽しい1日でした。


とても楽しかったので次もそのうち開催しようと思います。今回来れなかった人も参加してもらえると嬉しいと思いますのでその時はよろしくお願いします。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

八坂

旧デジモンカードシーズン1、
アルティメットバトルルールには明るいです。