FC2ブログ

オールデジモン交流会2,018 Ver.01 旧デジモンカード大会レポ―ト

大会レポ
07 /31 2018
はい毎度どうも八坂です。今回はオールデジモン交流会2,018 Ver.01で行われたデジモンカード大会のレポートをしていこうと思います。


使用デックは選ばれしブレード(triブレード)。名前は決まってないですが大体こんな感じで呼ばれていますね。triブレードの方が言いやすくて個人的には好み。同じデック名をアルティでも使いましたがあのデックはコンセプト崩壊したので…

triブレード

構築は画像の通り。以前カードランドで優勝したものとヴァイスだけ違います。
いえ、ヴァイスだけが違うというのは誤解を招きますね。ヴァイスが入った分サイドまで含めて32枚違うデックなのです。ヴァイス2枚分違います。

ぼくが思うに、デックの完成度というものはどれだけ多くの思考を詰め込めるかにかかっています。
まず始めにそのデックのコンセプトがあり、コンセプトを実現するメインギミックが入り、次に苦手な展開や相手を考えた時に欲しくなるカードを残りのスペースやメインギミックに組み込む、歪めるなどして詰め込みます。デックにスペースが無ければプレイングに詰め込みます。この時に詰め込む思考が多ければ多いほどデックの完成度は高まっていくのだと思います。
この時詰め込む思考は何も勝つためのものとは限らず、アニメのストーリーを再現できるとか、アッと言わせるギミックが入ってるとか、こだわりのカードが入ってるとか、とにかくそれぞれのカードが入っている理由がみちみちに詰まってるのが完成度の高いデックだと思います。


や、要は何が言いたいかっていうと今回サイドしか組んでないのにめっちゃ疲れたってことです。はい。




以下対戦レポートです。今回の大会は台風の影響もありいつもより少なめの参加者8人でした。少ない分濃度が高くて怖かったです。

予選Bグループ
1戦目:シュリモン? 勝ち

初戦はよくわからないデックを使う事の多いマキビシAさんが相手。何が来るかと構えたところに公開されたレベル3はファルコモン。これはレベル3がとりあえず何でもいい場合に使われる事が多いので、わからないなりに交換ヴァンデ、オニスロック、めざ強系あたりを想像しましたが、めざ強はめざ強でも使われたのはSt-605。そして出てきたのはBo-631シュリモンでした。
はて、このカードは何ができるでしょうか。バトルタイプA、くうちゅう、攻撃力半減効果、まあいい性能ですね。ただこれだけなら油断すれば負けかねない程度であり、恐れるほどの性能ではありません。シャッガイはまあまあきついですが。
めざ強を使って進化できるライズインペ、ライズマグナあたりはまだ頭の片隅に置いておきつつ、丁寧に対処すれば勝てる相手ですので対処して勝ち。


2戦目:オメガモンAlter-B 勝ち

2戦目は詳しくは見ませんでしたが、Alter-Bが出ていたのは分かっていたのでAlter-Bを意識した立ち回りを、すなわちミミで不用意に自分ポイントを減らさずなんかいい感じに丁寧に立ち回るという事です(クソ曖昧)。
慎重に立ち回っていると、後攻でオメガブレードを振ればバーンされない事、オメガモンを出現させれば回復量が大きいのでバーンされてもあんまり痛くない上素で勝っているので有利気味な事などが見えてきます。
その辺りの有利を押し付けつつ丁寧に立ち回って勝ち。一度ヒヤッとしたのはくさった肉を使われた時。コンボ気味なデッキの性質上必要なカードをまとめて落とされると非常に弱いためです。芽心が引けていたのでそれで残りを確認し、ヴァイスとカムルがあるのを確認できたのでリカバリーできたのが幸運でした。


3戦目:ズバモン 勝ち

ズバモンは以前戦った事があります。その時の教訓は最初の2ターンはズバモンが強いのでウォグレを出さない方が無難という事です。
それ以外はあんまり覚えていないのですが、オメガモンやマグナモン等の進化が無かったので適当に負けつつ後攻を維持して準備ができたらダブルブレードを決めて勝ちました。
ちなみにこの時点で2勝していてポイント的にも勝ち抜けが決定していたので、ダブルブレードの後にキュートを置かない事でわざと敗北しもう一人の予選抜けを操作できる状況になったりもしたのですが流石に意地が悪すぎるので素直に勝ちました。



と言うわけでこっちの予選は全勝で抜けつつ、Aグループの方はどうなったのかと様子を見に行くと一人は全勝で抜けつつ、もう一枠を勝ち取るための試合がまだ続いていました。

対戦カードは感染シードラモンvsオメガモンとかメイクラックモンとかが入った謎のデック。言わばヒラリスペシャル。
ですがシードラモンは殆どがアルカディの餌と消え、キュートや芽心も底をつき、コンビネフル稼働感染フル使用で極限まで薄くなったネットを子供の特権でぐるぐるするのが一方、もう一方は虫の息になりながらもオメガモンで回復したりメイクラックでバーンしたりメイクーモンで後退したりしてじわじわ耐えつつ首を狙うものすごい泥仕合が繰り広げられていました。

1時間ぐらいにわたる激闘の末メイクー側のミスもありシードラモン側が勝ちました。ぐっだぐだな展開がどう転ぶかわからない名勝負だったのですが、運営的には制限時間をを設けなかった明確なミスと戒められていたのがまた面白かったですね。


決勝トーナメント

準決勝:感染シードラモン 勝ち

先ほど予選Aグループでとんでもない長試合を繰り広げていた感染シードラモンが相手。その元凶は彼ではないですけど。
感染シードラモンとコンビネーションアタックフル稼動の体制を軸にしたデックで、芽心から補充した潤沢な手札をノータイムでそのまま使うスタイルは新時代のスタンダードという感じすらします。
ただプラットフォームが強くともシードラモンが出せる最大値がこちらを上回らないため、オメガブレードとは相性が悪かったのでしょう。感染も、特権も、後退も、全て後出しのオメガブレードで使えなくなってしまうため残念ながら悠々と振ってこちらの勝ちです。


決勝:オメガモンAlter-B 勝ち

予選で下したAlter-BがAグループ1位のパラコアを倒してきたので再戦です。
パラコアの方がキツいと思っていたのでややラッキーとは思いつつ、予選ではじゃんけんで後攻を取れたからこそ有利に立ち回れた面もあったのでもう一回やるとどうなるか…と不安な面もありました。
問題のじゃんけんでは幸運にも後攻を取れたので幸先のいいスタート。相手はAlter-Bよりも有効だと思われる執行者を出現させて戦うプレイングに切り替えてきたようですが、執行者は強いだけで2ターン待てばいなくなってしまうのでこちらはその間無理に攻めず準備したり争いしたりで調整して落ちるのを待っていました。
と言うか予選の時からあちらのデッキにキュートがいなかったため、キュッキュッミミミミオメガオメガするだけでこっちの勝ちだったので相手から動かなければならなかったのですが、相手のAlter-Bに合わせてオメガブレードを振るかオメガモンの出現を合わせるかすればほぼ対処できる布陣だったとわかったため、その通りプレイして予選よりも危なげなく勝ちでした。


と言うわけでめでたく優勝できたわけですが、こうして見ると有利なマッチばかり踏んでいたという印象は拭えません。メタ読みの勝利と言えば聞こえはいい…かな?有利なマッチが多いデックパワーとミスなくプレイできたプレイングの勝利ということにしておきましょう。


使用デックについてはもう少し踏み込んだ記事をそのうち上げようと思います。興味のある方はお楽しみに。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

八坂

旧デジモンカードシーズン1、
アルティメットバトルルールには明るいです。