FC2ブログ

tri.セットレビュー

デジモンカード
04 /02 2017
どうも八坂です。
デジモンアドベンチャーtri.ファーストメモリアルセットが発売されましたね。これまでのしょっぱいセレクトファイルとは打って変わって衝撃的なカードが大量に入ったこのセット、皆さん買いましたでしょうか。僕は3つ買いました。
環境に影響を与えそうなカードもいっぱいあるので今回はセットのカードをちょっとレビューしてみようと思います。まだそういうのもなさそうですし。

画像は乗っけるのが面倒なのでのせません。デジ窓カード検索を利用すると良いでしょう。


・「選ばれし子どもたち」と「謎の男」及び「感染」

今回のセットは前までの様に単体でぽつぽつ新カードが出るのではなくある種の構築済みデックの様な形で発売されているため、新しいテーマが実装されています。それが「選ばれし子どもたち」と「謎の男」及び「感染」です。これらはテーマとしての強みを持っているので、個別にカードを紹介する前にここで軽く説明しておきます。
「選ばれし子どもたち」はtri.セットで初登場したオプションカテゴリで、AAセットで出た「選ばれし子供達」とは違うものとして扱われます。「選ばれし子どもたち」を扱ったカードとしては主にパートナーデジモンの究極体への出現条件、「選ばれし子どもたち」指定のサーチカードなどがあります。つまり「子どもたち」が無理なく入る、もしくは積極的に入れたい強さなのかどうかでそれらの評価が変わってくるわけです。
「子どもたち」の中で無理なく強いカードはヒカリ、光子郎、芽心あたりです。普通は入らないけど入れていて邪魔にはならない程度なのは太一、ヤマトあたりでしょうか。まあまあプレイアブルなカードは多いので意識してシナジーしようと思えばできる範囲でしょう。
「謎の男」及び「感染」は「選ばれし子どもたち」と対になるテーマですが、これもまた強力です。両方合わせて使っても強いですが、感染ギミックだけ出張させることも可能です。

・レベルⅢパートナー(テイルモンを含む)
全員「■パートナー/手札3枚補充」の能力を持っています。それだけです。究極体が進化前を指定していないので使いどころはまあ無いでしょう。

・究極体パートナー
バトル開始時に「カテゴリーに“選ばれし”の文字が入るカード」2枚をダークエリアに送って出現し、その時各パートナーを用いれば特殊能力を得ます。またウォーグレイモンならメタルガルルモンと言ったように相方を援護する能力を共通して持っています。前述の通り「選ばれし子どもたち」を入れること自体は負担になりにくいので各パートナーが無理なく入るなら出すことは容易でしょう。
出しやすい事以外はどれも大した能力ではありません。手軽さを活かしてオメガブレードを振れるウォーグレイモンが頭一つ抜けている印象です。


・子どもたち

太一:誇りをかけた戦い。ふつう

ヤマト:危機からの反撃。ふつう

空:いつまでも忘れない。デジ窓エラッタだとキュートモンは指定できないので正直使いどころはあんまり…クロックモンが回収できるのはバグなのでどうにかした方がいいと思うんですがはたまた。

光子郎:緻密な戦術。緻密な戦術やプロ緊の効果を受けないの対象にならないので実質上位互換です。つよい

ミミ:バトルに負けた時にくさった肉誘発。バトルに負けた時どうこうって効果は基本的に後ろ向きなのでよわい

丈:自分と相手のポイントが回復しなくなる。ここぞというときに使いたいけどどう使えってんだよって感じの一枚。まあ弱いと思う。

タケル:闇のネットワーク。大体子どもたちは既存のカードのリメイクなんだけどどうしてここから持ってきたって感じのチョイス。

ヒカリ:争い。言うまでもない

芽心:進化フェイズ発動でバトルフェイズ開始時にネットから10枚見て好きなカードを2枚手札に加えられる。ついでに2ターン残るのは強いとみるか邪魔と見るか。やや邪魔な気はするけど強い効果であることは間違いないです。その後表向きでポイントゲージに重ねられるのでポイントゲージを稼ぎつつメイクーモンの呼び水になります。すごい

KNIFE OF DAY、エキサイテッド光子郎:おまけ付き選ばれし子どもたちサーチ。発動タイミングなりリミットなりオマケなり枚数なりちょこちょこ違うので気を付けておく事。


・謎の男関連

 謎の男:ポイント計算フェイズ発動が遅いのがネックですが発動できればそうそう消えないのは偉いです。ハイコロではすごく強い使い方は思いつかないけどアルティだとすごいことになる効果だと思います。

 アルファモン:出すのが簡単で単純に火力が出るので強いと思います。謎の男効果で負けても常に手札に戻せて永遠に出し続けることが出来るのでうまい使い方を考えれば強いでしょう。
 
インペリアルドラモン:進化フェイズ出現なせいで確実に効果を使えるのは実に強いです。倒されても回収できるのでこいつが出てきた時点で相手はスロットをほぼ流され続けることが確定します。戦闘面で弱いことをカバーできれば環境も狙えるやらどうやら

ムゲンドラモン:生きたくさった肉です。たーのしー!

インペファイター:よわそう

懐かしきあの地:効果は感染サポートでありながら謎の男がいればデジノームになります。謎の男の枠を補えるとみるべきか知りませんがまあ強いかな?このカードが飛ばされると上のカードも飛ばされるのは注意。ノームと違ってペナルティが無い代わりに耐性が無いのです。


・感染関連
 
豹変の理由:無効化できるHOS。しかも+600だからつよいのなんの。現状マタが一番強く使えるんでしょうかね。なんにせよすごく強いカードです。バトルで負けた時に謎の男で回収すればダークエリアに送られないため感染が解けないというのはインチキくさいですが使えるテクニックだと思うので使っていきましょう。

クワガーモン、オーガモン:感染デジモン専用援護。感染させれば誰でも使えるのでデリーパー等にとっては便利な汎用援護になるでしょう。


・各種オプション

ダンシングターイム:遅延オプション。ポイントを直接狙うギミックが無いデッキはこれ一枚で結構とまるのでヤバそうに見えます。クリティカルに悪用できる手段がヴォルクぐらいしか思いつかないのでまだ実感としてはないけれど強いと思います。

きちゃった!:使いどころが迷子。デスマッチとか?

イノセントスマイル:発動タイミングが遅い

めざせ最強進化!:今回のセットで一番影響が大きいまであるすごいカード。なんと一枚で出現条件を全無視です。使える究極体はアル究、クリムゾン、ズィード、チンロンモンとかでしょうか。可能性は無限大だと思うのでバンバン使いましょう。ただ手札コストは無視できないので使いどころは気を付けて。

未来への可能性:地味に前までのめざせ最強進化と近い性能をしている強カード。手札コストがそこそこ重いですが。

子供の特権:誰でも使えるデジカムル。強いがな。2枚でループできる。
失われた思い出:相手の究極体を吹っ飛ばすカード。めざ強の影響で究極体が増えることも予想されるのでサイドには入れておいて困らなそうなカードです。





注目に値するカードはこのあたりですかね。新規テーマに加えて既存カードが大幅レベルアップしたカードがちょいちょい入っているのが特徴だと思います。
環境への影響も大きいと思うのでぼくのかんがえたさいきょうのデッキを皆さんも組んでみてはどうでしょうか。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

八坂

旧デジモンカードシーズン1、
アルティメットバトルルールには明るいです。