FC2ブログ

アプカカード個別解説 ⑦

アプモンカード
11 /04 2016

ラストスパートみたいなところもある

BT1-01~BT1-10
BT1-11~BT1-20
BT1-21~BT1-25
BT1-26~BT1-30
BT1-31~BT1-35
BT1-36~BT1-40
カードリスト


BT1-41 ドスコモン

BT1-41.png


2枚目のドスコモン。パック限定のカードで第一弾最強のカードでもあります。リンク面で。
この前のBT1-32 ドスコモンの時はぼろくそに言ってしまったので全国2千万人のドスコモンファンには申し訳ないことをしたと思っていました。申し訳ないとは思いつつそこについては事実なので受け止めてもらうしかないのですが。

ただしかし、このBT1-41 ドスコモンはうって変わって素晴らしい性能をしています。とりあえず丁寧に見ていきましょうか。

まず攻撃力、Aが570があるところはなかなか強烈なインパクトがありますよね。そう思うでしょう?思わない?
この基本値+70という値は戦闘面で特別輝く事こそないものの、他の全てのアプモンのステータスがオマケの+50、それに満たないアクセント程度の+10~40、オマケを超えた+60と、あとは基本値マイナスの-20しか存在しないのに対し、このカードだけが+70のA攻撃力を持っているのです。気合の入り方が違う。
まああとの攻撃力は特筆することもないです。アクセントがついてるだけですね。

あとは一番話さなきゃいけないのはリンク値の話ですね。ぶっちゃけ言うまでもないとは思うんですが、このカードだけは●+600です。1弾で一番強いので、使う人は3枚集めなきゃいけないトップレアです。この値が今後たやすくインフレして抜かれていくか、それとも一向に抜かれないかでこのカードの値段も大きく変わってくることと思います。今後の動向が気になりますね。

ついでにアビリティの事も触れますと、ちょうどゲーム系超アプモンに共通する特定の相手に対して強くなるアビリティをそのまま合わせたような能力で、露骨に強くデザインしたのがわかります。そもそもこの類の能力が弱いという落とし穴さえなければ満点でしたね。

これだけ恵まれた性能なのでメインに据えてデッキを組んでもいいかもしれません。問題があるとすればBT1-41 ドスコモンはBT1-41 ドスコモンのリンクを受けられない事ですね。

BT1-42 ドガッチモンプラスハックモン

BT1-42.png

ここからはUR。アニメメイン勢のプラスアプモンが登場です。
BT1-42 ドガッチモンプラスハックモンは2体目のドガッチモンであり、リンク値が優秀なのでBT1-24 ソーシャモンのリンク要員として採用される姿がよく見られます。自身の性能としてはバトルタイプAのプラスアプモン共通効果なのでいまいちなのですが、絵柄のかっこよさは1弾のカードの中でも一番なので、メインで運用してもいいかもしれません。その時はUR勢共通の超アプモンにしては低めのロストポイントが役に立ってくることもあるでしょう。

BT1-43 ドスコモンプラスミュージモン

BT1-43.png

UR二枚目。3枚目のドスコモンです。UR勢の特殊加工はかっこよくてお得感があって好きですね。
このドスコモンはBT1-41 ドスコモンの時にあった唯一無二の攻撃力をどこかに置き忘れてきているのでその点でちょっと残念なのですが、まあ当たったらうれしいカードなので適当に許しましょう。
しかし改めてみると性能としては面白みほとんどないですね。BT1-41 ドスコモンと比べるとデザインした人のセンスの違いを感じる様です。フレーバーテキストがイカしてるのが救いでしょう。

BT1-44 スコープモンプラスガッチモン

BT1-44.png

UR最後の一体。そしてブースターのアプモン最後の一体です。長かった…
コイツはスターターで収録されてる事もありブースターで当てると微妙な気分になるカードその2ですね。ただしウェザドラモンよりも遥かに加工がかっこよくて満足感があるので僕はまあ割と喜べます。2枚目当たったらうっ、てなりますけど。

このURをノーマル仕様で収録するという試みはなかなかに挑戦的なものだと思うのですが、個人的には良いものだと思います。パックで当てたら残念な気はするかもしれませんが、カッコいい仕様なので宝物としての価値はありますし、何より手に入れるのが容易なのでプレイの敷居が低いのが偉いと思います。

カードとしての性能は上2つと一緒。リンク能力とプラグの形だけは違いますが。UR3種は他に比べて攻撃力が高めなのも特徴の一つとしてあります。レア度から来るカードパワーの違いなんでしょうかね。

スターターの話だけで言えばロストポイントが比較的低いこと、能力の条件がソーシャルなので発動しやすいこと、プラグが●■なので■が多めなスターターデッキでは便利なことなどがプラスに働くため楽しく運用する事ができるでしょう。

BT1-45 再アプリアライズ!

BT1-45.png

オプションに入りました。ハル君が凛々しくアプリアライズしているイラストですが、「再」である点はどの辺にあるのでしょうか。フレーバーテキストもそれだけ?って感じですし…

このカードは主にロストポイントを減らす目的で使われるカードです。活躍の機会は大体リミテだと思いますが、スロットに伏せてあると結構使う機会が多くて楽しいカードです。
ワンチャン構築で上手に使えればその場で歓声が上がることでしょう。オシャレなので狙っても面白いかもしれないですね。





今回はここまでです。次回でブースターは終わりに出来そうな気もしますね。それでは。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

八坂

旧デジモンカードシーズン1、
アルティメットバトルルールには明るいです。