FC2ブログ

気になるカードたち

シーズン1
09 /18 2015
シーズン1の魅力の一つにカードの数が少ないから一つ一つのカードを把握しやすいというのがあると思うんですけど、
色々と見ていった中でこのカードはちょっとすごいのでは?と思ったカードがいくつかあったので紹介します。

Bo-164 クリアアグモン
クリアアグモン

まずはこの子。言わずと知れた、スカルサタモンやケラモンと並ぶデジカのインフレの象徴です。

僕がシーズン1にはまるきっかけになったチェルモの6月大会(参考)で優勝したデジモンでもありますね。
非常に強力なデジモンであることがわかります。

特徴はなんといってもA攻撃力370。他のすべてのA成長期に勝ちつつ防御プラグインCを使うこともでき、高いレベルのデジモンとも戦いやすい隙のない性能です。
進化先はピッドモンとシマユニモンの2体だけと物足りないですが、防御Cを使えることを考えれば完全体までの繋ぎとしては及第点といったところ。進化ラインを考慮する必要のないデジヴァイスやD-3を使うのであれば最も優先されるデジモンなのではないかと思います。



St-89 フーガモン
フーガ

一般的にはオーガモンの色違い程度の地味な印象しかないデジモンだと思います。

前の記事でも書きましたがこの子の特徴は攻撃力の割りに特別低いロストポイントです。[20 10 10 10]ですね。
これがどうすごいのかを理解するために、今回はもう一歩踏み込んで解説します。

まず基本的にバトルタイプCってのは弱いです。バトルタイプAが飛びぬけて強く採用率が最も高いせいです。
そのため漫然と進化しても勝てないことが多いため、ファンデックでもない限りは採用するには何かしらの役割が求められます。

バトルタイプCに求められる役割とは、バトルタイプAで対処できないバトルタイプBの究極体を倒すことです。
そのために必要な能力値はB攻撃力360以上。これは最強のバトルタイプBであるアポカリモンのC攻撃力を参照しています。アポカリモンが出てこないものと仮定するとバトルタイプBでの次点はメタルシードラモンの330ですが、C攻撃力が360のデジモンは他にもいるのでとりあえずB攻撃力360を目安にします。これより高いB攻撃力を持つデジモンは「強いCレベルⅣ」、低いデジモンは「弱いCレベルⅣ」という事です。
さらになるべく意識したいのがロストポイントです。B究極体を倒すまではいいですが、倒した後に相手にしなければいけないのはレベルⅢ。つまり大抵の場合バトルタイプAです。更に進化できるルートを持っていればまた話は別ですが、まず倒されることを考えに入れておいた方がいいでしょう。つまりロストポイントは低いほどいいのです。

さて、ここで「強いレベルⅣ」のステータスを一覧で見てみましょう。
2015y09m18d_115158340.jpg

フーガモンだけがロストポイントが[20 10 10 10]であることがわかります。この値はレベルⅣ全体としては珍しくない値ですが、「強いCレベルⅣ」はロストポイントが高めな傾向にあるので、フーガモンだけが例外的に低いロストポイントになっているのです。

さらに、フーガモンが単体として優秀であることは述べたとおりですが、進化前もまたピヨモン、パルモン、ガブモンと進化先が多いメジャーなレベルⅢなため、フーガモン以外の進化ルートを選ぶことも容易です。前に書いたメタルマメモンデックはフーガモンを一つの完成形として、もう一方のルートをメインとして据えるデックでした。

フーガモンの進化先もB4ワーガルルモンのみながら存在しており、これが結構強いのでお勧めできます。
ガブモン→グルルモン/ガルルモン/フーガモン→B4ワーガルルモン→B4メタルガルルモンのルートはジョグレスが無いのでやや進化が遅い以外は欠点も少なくどの世代でも十分に戦える強力な進化ラインです。



St-93 ビッグマメモン
ビッグマメ

恵まれた進化ラインを持ったB完全体最強クラスのデジモンです。

進化ラインで見ると一番上のグレイモン⇔ガードロモンと2つ目のリボルモン⇔メカノリモンがともにAとCのジョグレスであり強力です。どちらのラインもそれぞれ共通したレベルⅢからのラインがあるので使いやすいでしょう。
ビッグマメモンから先の進化先も実に強力。なんとS2ウォーグレイモンとB4メタルガルルモンの両方に進化ができます。ジョグレスとしょうりつ60%なので超進化プラグインSでどちらも代用できます。
B5発売当時、オメガモンに最も進化しやすかったのはこのビッグマメモンを経由したラインだったのではないでしょうか。


さて、恵まれた進化ラインがビッグマメモンの最も大きな特徴なのですが、ビッグマメモンのすごさはそれだけにとどまりません。
攻撃力を見てみましょう。A攻撃力は470。まあこれはどうでもいいです。
B攻撃力が450。これはキメラモンの520を規格外として除けばハンギョモンと同立で最も高い値です。並のB完全体と殴り合ってもまず負けないと言うことになります。
最後にC攻撃力が280。地味な値ですがこれが一番なんというか特別な点です。
CレベルⅣはB究極体を倒す仕事があることは述べたとおりですが、実はCレベルⅢもB完全体ぐらいなら倒しかねないステータスを持っています。CレベルⅢは使いにくいので戦う機会が多いとは言えませんが、当たった時になすすべなく負けてしまうのは避けたいところ。そこでビッグマメモンの280が生きてきます。
CレベルⅢのB攻撃力の最大値はゴブリモンの260。ほかに250が大量と言ったところですが、ビッグマメモンの280はどちらにしても負けない難攻不落の防御力です。ほかに同程度に高いのはインセキモンのC260とデジタマモンのC290です。



Bo-109 メタルガルルモン
メタガル

2種類あるメタルガルルモンのうちの最初に出た方。信じられないような進化条件を持ってるバランスブレイカーです。

同じバトルタイプ、同じレベルならバトルタイプと同じタイプの攻撃力で戦うため、バトルタイプと同じタイプの攻撃力は単純に高い方がいい、と言うのはシーズン1における常識の一つです。何も特別なことではありません。
さて、このメタルガルルモンはB3の目玉レアとして生み出されたカードであり、一見A550と大したことのないようなステータスな様ですが、実はBが530と非常に高く、そこからこのカードは同タイプ同レベル帯最強のカードとしてデザインされたのだという事がわかるはずです。
それは良いことです。アニメで主役級のカードが最強のパワーを持っていて喜ばない子はいないでしょう。カードダスを回して当たった時の喜びはそれはそれは素晴らしいものでしょう。


問題はその進化条件にあります。


このカード、何を思ったのかワーガルルモン⇔完全体デジモンとか書いていやがります。
この表記の究極体デジモンは超進化プラグインSを使用することでどの完全体デジモンからでも進化できてしまうんです。
自分のデジモンを「完全体デジモン」として、超進化Sを「ワーガルルモン」の代わりとすることで。裏技の様ですができてしまうんです。

こういう表記の究極体デジモンは他にもいる?そうですね。ピエモンとか、ヴェノムヴァンデモンとか、ジジモンとか。
ピエモンヴェノムジジモン

でも違うんですよ。こいつらとメタルガルルモンは絶対的に違うんです。
まずピエモンやヴェノムヴァンデモンをはじめとしたC究極体のやつら、残酷なことを言うようですがバトルタイプCのデジモンとしてできる仕事は全てレベルⅣでできます。つまりそれ以上進化してもロストポイントが上がるだけ。要するにバトルタイプCの完全体と究極体には進化する意味がないのです。だからこいつらの進化条件がユルユルだったところで別に全然困らないんです。

あくまで能力値の上での話ですから極論もいいとこですが、そういう側面があるのは事実です。

ジジモンとババモンはバトルタイプAですが、こいつらはなんというか一目で他の究極体と違うってのがわかると思います。まずポイント回復が無いです。それに能力値も完全体と同じから少し高い程度です。デックの中核をなす切り札を任すには頼りない性能と言わざるを得ません。だからというか進化条件もこのぐらいユルくていいんじゃないかと思います。

さて、メタルガルルモンに話を戻しましょう。メタルガルルモンはC究極体の連中のように進化する意義が無い連中とは違います。ジジモンやババモンのように究極体として不安なステータスなわけでもありません。十分にデックのメインを張れる最強クラスの性能を持っています。それがどんな完全体からも進化できる、それは悲劇でしかありません。
最強のB究極体としてデザインされたメタルガルルモンより強いB究極体はそれより後に出たB4メタルガルルモンと超究極体クラスのアポカリモンのみ。それより弱いB究極体に進化するルートは全てこのメタルガルルモンに塗りつぶされてしまうのです。

だから、僕は嫌いですね。B3メタルガルルモン。



そんなわけでレベル別に1体ずつ強そうなデジモンを紹介していきました。
シーズン1のカードって特殊能力も殆どないしデジモンごとに攻撃力を設定してあるプロフィールカードみたいな側面が強くて実際に遊ぶバランスとか大して考えられてないんだろうなーって最近まで思ってたので「強いCレベルⅣ」のロストポイントのこととか⇔完全体デジモンのジョグレスのこととか知った時にちゃんとバランスとか考えてあるんだ!ってちょっとうれしくなりました。

この記事を読んだ皆様も独自の視点でデジモンカードを見てみてはいかがでしょうか。









スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

八坂

旧デジモンカードシーズン1、
アルティメットバトルルールには明るいです。