FC2ブログ

デジモンカード非公認大会2015GT

大会レポ
03 /02 2016
2月27日(土)に行われたデジモンカード非公認大会2015GT(グランドトーナメント)に参加してきました。

使用デックはこちらとサイドがこちら
2016y03m02d_090008307.jpg  2016y03m02d_090059890.jpg
2016y03m02d_090030196.jpg  2016y03m02d_090105578.jpg
2016y03m02d_090039982.jpg  2016y03m02d_090112002.jpg

今回はいつもの交流会とは違い、2015年の交流会非公認大会の成績上位者8名が2015年のチャンピオンを決めるためのイベントでした。そのためいつも以上にデック構築に気を使い、調整に時間をかける必要があります。

というわけで何使おうかなーと考え始めたのが大体一か月ぐらい前。その時はまずヴォルクを対策しないと話にならないと考え、HOSヴォルクを研究することに。

そこでHOSの強さに惚れ惚れし、ヴォルク要素を抜いて運用させたのが前回のチェルモの記事です。

前回の記事のとおりですがその時からくさった肉がマイブームになっており、GTに出るならくさった肉が使えるデックにしようと決めていました。そこで目を付けたのがサングルゥモンです。

かねてよりマタドゥルモンは「良いところまでは行くけれど優勝はできないクソザコデジモン」と身内で親しまれていましたが、その反面進化元のサングルゥモンは「マタドゥルモンのできないことをいとも簡単にやってのけるとてもつよいデジモン」として評価されていました。それでサングルゥモンを使う事に決めたのですが、使うにあたりサングルゥ単のデックでは勝ちきれないのでタッチ先のもう一つの勝ち筋を考える必要がありました。

ドルモンからのタッチアルファ、ブラエヴォからヴォルクなどネタ的な意味でも色々考えたのですが、サングルゥモンからタッチを考えるなら結局マタドゥルモンが一番強いという結論に落ち着き、今回のデックとなりました。


なのでコンセプトは「サングルゥモンタッチマタ」です。

意識したのはマタドゥルモンが入っているデックでありながらマタドゥルモンに頼らないで戦える事、またそういう回し方をする事です。

例えばFDのような単純な火力が高いデジモンに対して有利がとれるように「Aを0に」が使えるSFP防御Cライズティラノは合計で4枚。うちドラクモンで一番使いやすいこと、「Aを0にされない」がいなさそうな事などを考えて防御Cだけ2枚。
また援護の枠は純粋な援護が3枚とドルガモンを合わせて合計6枚。このあたりのバランスは以前自分が交流会用に組んだマタと同じ枚数になっています。そしてその時よりも単純な攻撃力を上げる必要があると思いティラノを減らしてシールズを増やしています。
また、慢性的に火力が不足するのを補うために場持ちのいいノイズブースターを2枚。以前のデックの強化Uと入れ替えた形になります。

あと、くさった肉は最初からこれが使いたいで始まっているので思考停止で2枚投入。枠に余裕があれば3投したかったところですが流石にやりすぎ。

そして一番の課題だったのが間違いなくいるであろう待てぃアルファ火炎ベルゼライズインペあたりの強力な究極体に対する解答です。
マタドゥルモンの負けパターンとして一番多いのがこのあたりのデジモンにカードが揃わずに負けた後、立て直せずに押し切られるパターンとそもそもマタに進化される前に50点とかごっそり持って行かれるパターン。
進化に3枚も使うのは重いというマタドゥルモンのクソザコたる所以です。とは言え進化に3枚使うのはどう改善しても改善しきらない終点の様なもの。

ならばマタドゥルモンに頼らずにこれらのカードに勝とうというのが答えです。そのための手段がシーク・エラー・ウィルスです。

シーク・エラー・ウィルスは相手の「特殊能力なしにする」「特殊能力なしにされない」を超えて特殊能力を封じることができるという点でサングルゥモンでも使える疑似的な忠誠心であると僕は考えます。に弱い、手札コストがかかる、チィリンで飛ぶなど至らない点はありますが、サングルゥモンでも使えるというのはそれらを補って余りある恩恵であると言えます。サングルゥだけでなくマタドゥルモンでも使えるので忠誠心の枠を一つ割きます。

あとは前に思考停止で3投していたキュート01は2枚ずつに抑えてパラコア対策の粒子化をメインから積みます。
また、リードは絶対に必要な場面があるのは確かですが経験上腐ることが多いので1枚です。と言うよりは、リードでしか対処できなくて且つマタドゥルモンが立っている場面と言う状況に遭遇したことが無かったので単に経験不足だったという方が正しいかもしれません。グランドファイナルでヴォルクがを撃って来たら…と言う場面に会ったのが初めての経験でした。

サイドはマタを絶やさないためのカムルラーナモンのための激突チィリンが使えないヴォルクのためのワクプロとパラコアのためのワーム以外は適当です。




レポートは当日の記憶が酒と徹夜MtGのせいですっとんでいるのでほぼほぼ書けませんが、しぐーさんと鎧皇さんのヴォルクが両方ともネット利用のしょうりつ60%で進化するために先攻ドラクモンのがきれいに刺さったり、進化できずにアルファが殴ってきたときに防御C1枚で落としたり、シークエラーでヴォルクを止めたりと想定してた動きがかなりできたのでよかったです(こなみ)


そんな訳で優勝いただきました。ありがとうございました!
トロフィー
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

八坂

旧デジモンカードシーズン1、
アルティメットバトルルールには明るいです。