FC2ブログ

DMOPlayoff2020-1使用デック案内

デジモンカード
05 /30 2020
こんにちは。本日5/30は韓国の方主催で行われていた旧デジカのオンライン大会 DMCG DMO の第1回から第6回大会の総決算 DMCG DMO Playoff 2020-1 が開催されるという事で、新デジカの方は一旦お休みして旧デジカの方に力を入れていました。と言いたいところですが実際力を入れていたのは雀魂だったりします。雀傑まで行きました。

まあそんなことはどうでも良くて、旧デジカの話をしましょう。
まず環境の話です。最近の旧デジカでは無効化関連の裁定がいろいろ複雑なことになっていたのですが、つい昨日大体のルールが確定しました。
GGT以前と比べての相違点は、

・「無効化」する効果で既に発動しているオプションを対象にして無効化する(ダークエリアに送る)事が出来る。
・デジモンの能力で「無効化」する場合、シート上のオプションを対象に出来る。
・オプションで「無効化」する場合、スロットのオプションのみを対象に出来る。
・バトルフェイズ中ガーベモンを使うにあたり、先出ししておいて無効化するのではなく、オプションの発動に合わせて即座に手札から割り込んで出して無効化することが出来る。
・バトルフェイズ以外にガーベモンを使う場合、割り込んで効果発揮前に無効化する事は出来ず、自分の手番に出して発動中のオプションを対象に無効化することが出来る。


などなど。細かい裁定はまだまだあるのですが、網羅するとそれだけで記事が一本書けてしまうので省略します。

目下大事なのは、ガーベモンが異常に強いという事と、ヴォルクドラモンの地位が劇的によくなったと言う事です。
かつて最高峰の耐性を持っていた《海より深い忠誠心》がガーベモン一枚で対処できるようになり、また同様に《豹変の理由》、《パートナーとの絆》など強力な常在型オプションが対処できるようになったため、それらによって抑えられていたヴォルクドラモンが一気に手が付けられなくなりました。マタドゥルモンを含め多くのデックがヴォルクドラモンへの回答を失ったからです。

これを環境の前提として、デックの選定をしていきます。



その前に、大会の形式をおさらいしておきましょう。大会の詳細はリンクを見てもらえればわかるのですが、ざっくりと説明すると、

・まず予選2位と3位が戦い、勝った方が1位と戦う。
・デック1つで2本先取のマッチ制である。


という内容です。幸い僕は予選1位を取ることが出来たので2位の덴맨さんか3位のJohnさんのどちらか一方とだけ戦って勝てばいいと言う訳で、二人よりは楽ですね。
そして덴맨さんは非戦闘デックを得意としており、Johnさんは色々なデックを高いレベルで使うことが出来るプレイヤーです。
この中でどちらがどんなデックで上がってくるのか正直わかりませんが、どちらもヴォルクドラモンかヴォルクドラモンを倒せるデックであることは予想できます。
そこで、まずヴォルクドラモンを理解することにしました。餅は餅屋という事で現GGTチャンピオンで世界一のヴォルクドラモンテイマーでもあるしぐーさんと意見を交わし、目下ヴォルクを使うならブラグラ軸であること、実際のサンプルリストなどを共有するなどしました。
そしてこれに勝つ事を研究した結果、僕が使うと決めたのはマタドゥルモンです。
忠誠心も絆も信頼できなくなった今なぜマタドゥルモンなのか、説明していきましょう。

その前に、無効化の裁定がもう少し弱かったころのマタドゥルモンのレシピがこちらです。

マタドゥルモン@デンマン杯3使用

これはPE絆環境になってからと言うもの、環境に絆アグモンが存在していたため他の脅威とも合わせて粒子化を複数とるしかなく、そしてマタドゥルモンになれない状況でも粒子化を絶対に通すためにレベル3をDWドルモンにしてスロットリードをガン積みにしたという経緯を経て生まれたリストです。
このリストからわかるのは、PE絆環境ではヴォルクよりもよっぽど見なければいけない強敵がいて、それに寄せたリストでなければならなかったという事です。
しかしヴォルクドラモンがかつての全盛期を更に超える強さを得た今、こんなリストでは話にならず、かといってヴォルクに寄せればPE絆環境の強敵たちに勝つことが出来ない、よってマタドゥルモンは積んでいる。というのがマタドゥルモンについての評価です。

しかし、今日の大会は普通の大会ではありません。倒すべき相手は一人、デックは一つだけです。つまり、絆アグモンがいないと決めつければ完全にヴォルクを倒すことに寄せることが出来ます。
そして出来上がったのが以下のリストです。

playoff.png

考えたのはガーベモンの枚数です。ガーベモンは最強ですが、デックに入れられる枚数は3枚が限度のため、3枚で対処できない量のマストカウンターをぶん投げ続ければ勝てるという理屈でこのリストは組まれています。

ヴォルクドラモンのシュートを止める手段としては忠誠心を筆頭として、絆、後攻争いと3種の手段をとっており、さらにブラグラ、ガーベの無効化を想定して争いは5枚と十分すぎる量を投入。デスマッチさえなければ絶対にシュートを通さない構えです。
各種対策が信用できないなら、2重3重に対策を重ねて無理矢理止めてやるという発想ですね。勝ち手段はクラッカーです。

他のデックが上がってきた場合には2本先取であることを利用して、相手のデックがわかった2本目以降で全力でヴァイスを通して対抗するつもりです。こういう対応ができるのが一番得意なマタドゥルモンだけだったのでこのデックチョイスになりました。

ただし、主にケルビモンを筆頭とした粒子化でなければ絶対に対処できない敵を倒すためにヴァイスからでは間に合わない可能性を考えて1枚だけメインに粒子化を取っています。


こんなところです。この選択が吉と出るか凶と出るか、本戦が楽しみです。
本戦はこちらのページで放送しますのでよければご覧ください。きっと面白い戦いになるでしょう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

八坂

旧デジモンカードシーズン1、
アルティメットバトルルールには明るいです。