FC2ブログ

【新デジカ】デッキガイドと環境考察 番外 究極体デッキの弱点【ST1】

新デジモンカード
05 /06 2020
こんばんは。今回はデッキの紹介は無いですが、以前紹介した究極体デッキについての補足と言うか反省会です。

以前書いた記事はこちらです。
こちらの記事は大きく間違った内容を書いているとは思いませんし、実際練習していてもちゃんと勝つのでまあまあ自信があったのですが、しかし某discord内で5/3に行われたオンライン大会で実際に使ってみたところ結果は0-4。ボロボロでした。
明確に運で負けたと言える試合もあったのですが、同じコンセプトのデッキで出たほかの人も2-2だったりと結果は振るわなかったので、これはデッキに問題があったとみるべきでしょう。
幸い負けていく中で問題点がわかってきたので紹介していきます。



問題点1 場持ちについての認識違い


前回の記事で究極体は「セラフィモンを除けば同じ究極体かガイアフォースでしか除去されない高いステータスが魅力です。」と書きました。
まあ事実なのですが、だからと言って場持ちの良さが信用に足るかどうかはもう一歩検討が必要でした。

実際の大会では順当進化のデッキは赤単が一番多く、次いで黄色で、青が一番少なかったのですが、いずれも赤を足してDPをプラスできる構築になっていました。
つまりどの構築でも究極体まで進化できればこちらの究極体を処理でき、除去も当然積んであったのでデッキの中に究極体に対応できるカードが少なくても8枚くらいはあったことになります。

デッキの中で50枚中の8枚と言うと6枚に1枚ぐらいです。後攻1ターン目か先手2ターン目に1枚は引けている計算ですし、順当進化デッキは究極体1体分のコストを与えれば2~3枚は進化でドローを進めるので大体2体目の究極体が出るまでに2枚目の対処札にもアクセスできる計算になります。よって、究極体デッキが送り出した究極体はゲーム中大体2回ぐらいは難なく処理されます。

赤デッキ人気の環境として、また究極体デッキがにわかに意識された結果として?究極体が当初の想定よりも除去されやすくなっていたという事実があると認識しました。


問題点2 テンポロスへの認識違い


前回の記事の「出した究極体をそのまま除去されるとただただ損をしてしまいますが、枚数の関係で必ず相手の除去が先に尽きますので恐れず展開しましょう。」と言う部分、枚数の観点では正しいのですが、テンポロスの観点では結構無視できない問題がありました。
究極体デッキが出した究極体は、即座に処理される事こそ多くないものの、先ほどの理屈から今一つ長生きせずに2回も殴る頃にはいなくなってしまうことも多いです。
また「軽量のレベル3を何枚も出されて数で押されるのがだれでも想像の付く負け筋ですが、それを防ぐために入っているのがフル投入されたブロッカー達です。」とは前回の記事のブロッカーについての項目にある文ですが、実際ブロッカーを出さなければ一瞬で負けてしまうのがこのデッキです。流石に12枚入っていれば引けないことはほぼ無いのですが、クロックを展開したら即座に、或いはクロックよりも先にブロッカーを立てるターンは必要になります。

つまり究極体を出したら次はブロッカーを立てる必要があり、その間に究極体が除去されがちなので新しい究極体を再度立てなければならない。またそれもまあまあ処理されがち。そうなると究極体デッキのクロックは頑張ってもターン1回程度であり、それ以上のペースで展開できているなら上振れであるという事。
なので究極体デッキが勝つために必要とするターン数はセキュリティ5枚+テイマーアタック+相手のブロッカーの枚数分であり、最後の詰めではある程度捨て身で行けるので多少早くなりますが、まあ6ターンは下りません。

すると相手の頭数は初手5枚+6ターン分のドロー+育成エリアから6ターンで出てくる3体=14で最大14体。
潤沢なコストから1ターンに平均1ターンに1.5回は進化すると想定して9回ドロー。引く枚数は20枚。その中のデジモン以外のカード枚数分頭数が減るのでデッキ内オプションが10枚なら引く平均は4枚。つまり平均して6ターン目までに揃えられる頭数は10体と計算できます。
6回攻撃を通されれば負けなわけで、6ターン目までにこの10体の頭数を5体分処理できなければ概ね負けると言えましょう。
この5体の処理ですが、基本的に寝てないデジモンには触れないため5体分ブロッカーもしくは除去で稼がなければなりません。では究極体デッキが6ターンで何体ブロッカーまたは除去を引けるかと言うと、有効枚数は50枚中12+8=20枚とっていますが、究極体デッキは進化が苦手なのでデッキを掘れる枚数は初手5枚+6枚=11枚。その中の有効牌は4枚ちょっと。5枚に満たないので、この想定が正しければ負けるという計算になりますね。

さて、この計算は順当進化側のデッキが6ターンの間息切れせずに回れば成り立つわけですが、順当進化側はどれぐらい息切れするのでしょうか。


問題点3 息切れに対する認識違い


前回の記事の「デッキのコストをうんと高くして、相手が使いきれないぐらいのコストを使えばそれはきっと強いでしょう。」と言う部分、ウィニーデッキは実際結構息切れします。ブロッカーが3体も引ければ超えることが出来ずにコストを持て余してしまいました。
そして前回の記事では順当進化デッキは究極体に進化しないなら「安定はしますがそれをやるならウィニーの下位互換になってしまうためデッキの真価を出せないということになります。」と評価して順当進化はウィニーより使いづらいと考えていました。
しかし、ここには大きな間違いがありました。ウィニーの下位互換とは、使い捨ての頭数を並べるならコスト面でも事故率の面でもウィニーの方が安定するという意味での評価ですが、先述の通り除去にアクセスできればコストは十分すぎるほど貰えるので気にする必要なし。そして除去へのアクセス率ではドローを加速できる順当進化の方に軍配が上がるのでウィニーの下位互換とはとても言えなかったという事です。
ここでドローが得意な順当進化は事故さえなければ息切れはしないのでコストが許す限り展開できます。
そして事実上コストを考えなくていいという事は揃えられる頭数はウィニーと同じです。つまり順当進化は進化事故さえ起こさなければブロッカーを超えられるアタッカーをしっかり揃えられるため、エースを大事にする戦い方でなくてもウィニーより強く戦うことが出来るという事です。


課題 順当進化の事故率


前項では事故さえなければ順当進化は十分強く戦えると言いましたが、実際事故率はどのくらいなのでしょうか。
前回の記事では究極体への単純な進化確率を計算しましたが、今回必ずしもウォーグレイモンにならなくてもいいという事がわかり、単純に事故率を計算できないとわかりました。
ここでちゃんと事故をモデル化して計算できればよかったのですが、いいモデルを思いつかなかったので実戦を重ねて体感で測ることにしました。


実践 某discord内大会への参加


ありがたいことに5/6に前回出た大会とは別のサーバーでオンライン大会があったのでそこに出てきました。
使用デッキはこちら。
5_6大会使用

前回ボコボコに負けた反省を踏まえて一部デッキを改良しました。
前回大会で厳しかったのが、12コスト究極体が手札にある時に1コストしか貰えずずっと手札で腐っているという状態。
また、1試合だけですが、ワーガルルモンから進化したメタルガルルモンにシャドーウィングを撃って3枚一気にセキュリティをめくられて負けるという展開もありました。(3枚目でガイアフォースが出なければ4枚いかれてた)
前者についてはこちらの事故+相手のプレイングの勝利。後者については流石にブン回りだと判断しているのですが、これらを踏まえてワーガルルモンを採用することにしました。
これにより1コストしか貰えなくてもワーガルルモン経由でメタルガルルモンやプレシオモンを出せるほか、上手くいけば後者の必殺コンボを逆に決めることが出来ます。セキュリティの強さも申し分ありませんので、ドラコモンと入れ替えました。

また前回は究極体デッキ対策でギガデストロイヤーを太一に変えていたのですが、究極体デッキがボロボロに負けた以上対策する意味もないと考えギガデストロイヤーに戻しました。

さて、これでどれだけ戦えるでしょうか。


1戦目 vs黄色デッキ

黄色デッキに太一を足した形でした。太一とタケルが大量に入っており、長期戦を見据えたデッキでした。
ですが、それが裏目に出て序盤に太一とタケルを2枚ずつ引いてしまい、進化を重ねて回すことが出来なくなってしまったので勝ちました。まあ事故ってしまったという事でしょう。

2戦目 vs黄色デッキ

序盤からこちらがワーガルルモンからプレシオモンに進化できてしまったので、除去されなければほぼ勝ちの状態に。
ホーリードラモンが出てきてプレッシャーをかけられましたが、結局除去されるまでに2回殴り、セキュリティは4枚削れたのでそのまま押し切って勝ち。インチキじみた必殺コンボがあるのは強いなと思いました。

3戦目 vs赤デッキ

序盤に最強ウォーグレイモンが立ってしまい、ブロッカーがいればよかったのですが一枚も引けなかったのでセキュリティアタック4を受けてほぼ瀕死。ですが盤面を何とかさばきつつ、ワーガルルモンを出してワンチャンメタルガルルモンに進化できれば勝ちと希望を残したところ、最後のターンに4コスト貰えたのでそのままメタガルに進化して2×2点のセキュリティアタックで逆転勝利。最強の動きに並ぶ最強のコンボがあるのはデッキとして安心感がありますね。

4戦目 vs2色ウィニー

めっちゃくちゃ並べられて負けそうになったけどブロッカー3体とセキュリティのセブンヘブンズが仕事をして何とか耐え。
その後ギリギリ間に合わなそうなところでギガデストロイヤーを引いて持ち直して勝ち。やはりウィニー相手は専用の対策が必要でした。


と言う訳で4-0で優勝。検証のつもりでしたが望外の結果に困惑しています。


まとめ


前回の大会とは参加人数もプレイヤーも違うので参加者のレベルも違うでしょうし、使用したデッキも強くなっているので単純に比較することはできませんが、個人的な感触としてはこの環境では運によるブレの方が大きいのかな、と言う印象です。

とは言えこのスターター環境も残りせいぜい一週間です。ブースターが発売されればこんな考察にもほぼ価値は無くなるわけですが、ここまで楽しんで読んでいただけたなら幸いです。それでは。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

はじめまして。
こちらの記事読ませてもらいました。

私も1度究極体デッキを作り数回使ったのですが
負け数のほうが多く、相手にも弱いと断言されてしまいそういうものなのかと
思っていましたがこの記事ではその理由を確率計算から実践を得て
分析、評価し改善策をたてているところが素晴らしいと思いました。

また、昨今は一度自分が出した答えを間違っているかもしれない間違えた、と
素直に認めて再考できる姿勢を持った人は少ないように思います。
そういった面からも、今後1週間で環境が変わってしまうとしても
この考察に「意味がなかった」などということはないと思います。
とても為になりました。

今後も記事を楽しみにしております。

Re: No title

コメントありがとうございます。

自分の考えに拘るのもいいですが、それが結果に繋がらないなら無意味なので負けたという結果を第一に受け止めてこの記事を書きました。評価いただけてうれしいです。

また次の記事も見ていただければ嬉しいです

八坂

旧デジモンカードシーズン1、
アルティメットバトルルールには明るいです。