FC2ブログ

デジモンカード プレミアムエディション レビュー

デジモンカード
08 /13 2019
おはようございます🍋
今日も昨日もその前も、ずっと暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。

僕は最近はデジモンカードがアツいです。最近に限った話じゃないですけどね。
それというのも、デジモンカード界隈には最近大きな事件があったからです。

2019/7/28 デジモンカード プレミアムエディション 先行販売

デジフェス2019の物販で先行販売されたこのセットは、事前に情報の出ていたオメガモンこそ話にならない性能だったものの、たった7枚だけで環境を大きく揺るがすすごいセットでした。麦わらの一味かよ。

新セットが出たのだからレビューを書きましょう。環境を揺るがす一味のメンバーを解説しながら整理していきたいと思います。


Re-138 オメガモン

201908122207372f5.png

このセットのデジモン達はいくつか共通の要素を持っています。

・手札を1〜6枚捨てて容量の合計が+200以上の時出現する出現条件
・Aを0にされない
・対応したデジモンに対する援護能力
・対応した種族が援護ボックスにいる時に使える表記能力

出現条件はこのセットの新規オプション Re-144 20thの戦闘記録!!、通称ログなら一枚で条件を待たせますが、それ以外で満たすには工夫が必要です。

援護能力は■デュークモン+400。ファイターとデュークモンを合わせた3体でサイクルになっています。修正値はないよりはまし程度。オメガモンは前セットで出た優秀なものが多いのでこの程度では戦力外です。

固有能力は古代竜人型が援護にいる時手札を1~5枚捨てて、その中にデュークモンを含むなら捨てたのと同じ枚数相手も捨てさせるというもの。これまでになかった能力ですし、このセットのカードは手札をよく使うのでそのメタになっているのですが、残念ながらデジモンカードではハンデスが正直それほど強くありません。あと条件になっているファイターが手札5枚補充の援護を持っているので捨てる枚数の確保は簡単ですが、それなら5枚までではなく好きなだけ捨てさせてくれてもいいのにと思います。

評価としては、能力自体は悪くないけど別に強くはないし、それしか芸が無いなら他に強いオメガモンは無数にいるといったところです。Aを0にされないのにバトルタイプがAなのも弱ポイント。


Re-139 インペリアルドラモンファイターモード

20190812220745f17.png

オメガモンはしょうもない性能でしたが、うって変わって輝かしい未来が約束されているデジモン。現環境の”王”です。

援護能力は珍しい能力ですが使う機会はとりあえずないでしょう。デジモンボックスで矢面に立って戦う方が強いからです。

固有能力は聖騎士型が援護ボックスにいる時に空中を持たないデジモンに対して攻撃力が3倍になるというもの。
そして究極体でワクチン種で竜人型であること、つまりオメガブレードを使えるという事です。

オメガブレードの強さは前環境でtri.ブレードが証明しています。
特筆するべきはこのファイターがtriウォーグレイモンよりどれだけ優れているかという事でしょう。

まず出現条件、ウォグレがパートナー2枚だったのに対しログ1枚で足りる点。
そしてウォグレがバトル開始時で芽心の補充タイミングと噛み合わなかったのに対し、このセットのデジモン達はバトル中なので間に合います。開始時出現は開始時出現の利点があるので一概に優れているとは言えませんが、芽心が使えるのは速さを補って余りある利点です。

次に戦闘能力。援護なしなら太一を置いているウォグレの方が強いですが、一度援護を置ければ2000や3000を優に超えるエリートゴリラ🦍っぷりを発揮します。現環境でゴリラをやるなら2000は無いとどんな馬の骨に蹴られても文句は言えないのでこの攻撃力の数値はとても意味のあるものになります。
表記能力なので消されにくいのもポイントです。ワーム以外では消されませんし、何より自分のブレードで消えないのが非常に噛み合っていて良い。

他にも進化元のブイモンが強いとか他に比べて少し出やすいとか細かな強みは色々あるのですが、とりあえずファイターとしての強みはこんな所です。デック単位での可能性は既に環境トップの強さでありながらまだまだ発展途上なのでどうなることやら…


Re-140 デュークモン

20190812220746774.png

今セットにファイターも含めて3体いるゴリラ枠の一つ。能力そのものはファイターと大差無いですが、効果範囲がウィルス種、属性不明とやや狭い分修正が4倍になっているのが特徴ですね。
対象は恐らくベルゼブモンとデ・リーパーを意識したものと思いますが、デ・リーパーは属性不明ではなく属性なしなので対象外な所が惜しいな、と思います。しかし属性なしを対象にされても実戦で使い所がほぼ無いのでまあ性能的には妥当なところ。

ファイターと同様にエリートゴリラ🦍の類ですが、条件となる聖騎士型援護には微妙にパッとしないものがあります。今回のオメガモンの+400を使うか、前弾のロイヤルナイツセットから聖騎士型+300を使うか…或いは援護は倍にするだけと割り切って性能が強いRe-137オメガモンなどを使うかと言った選択肢になってしまいます。
これは昔からナイツ系の強い援護は他ならぬデュークモンが担当していたためです。引き分けにするのも交換できてロイヤルナイツ+550なのも全てデュークモンなのでデュークモンを軸に組むと援護面で少し残念な思いをします。

今回のデュークモンも例に漏れず援護能力は強力でファイター+800。主戦場はファイターデックの援護ボックスになるでしょう。
そっちには同じ能力のRe-134オメガモンが優先されますが、4枚目以降の援護枠としても採用の余地はあります。


Re-141 スサノオモン

2019081222074825a.png

出現条件が他に比べて一段階重いのが惜しいこのスサノオモン。その分能力は対象の援護がある時x7を捨ててバーンを飛ばすと言う強力なもの。その数値は…50!?


20190812225924577.jpeg


と言うわけで今セットのどうかしてる枠第一号。ファイターは装備が強いだけで単体性能は常識の範疇だったんすけどね。こいつはダメですね。

こいつとX7がバーン方面で、ファイターがゴリラ方面で環境を大きく加速させたせいでメタゲームが激変したと言えるでしょう。

X7と比較すると、X7のキルターンが大体2~3ターンなのに対してスサノオが上手くいって大体+1ターン。能力を2回起動してもキュート一枚でキルターンをずらされるのが割と無視できません。
一方でオニスやケルビに対してX7がほぼ完封されかねないのに対してアグニモンを採用する都合上対抗策が取れるのも強みです。ワームにもいくらかは強いですね。
デックの自由枠もX7と比較するとかなり取れるので拡張性があると言えます。速度のX7と対応力のスサノオモン。更に速度は落ちるものの安定感は最強のヴォルクドラモンといった序列でバーンデックは並んでいると思います。

ただし、アグニモンを引かないと何一つとして動けない点が環境トップから一段劣る点です。バーン速度が多少劣るのは許容できても一番弱い動きが無視できない率で起こるのは流石にデックパワーの不足と言えると思います。

オメガモンもそうなんですが、アグニモンやアグモンだけじゃなくて合体元の他のからも出現させてやれよって思います。特にオメガモンは前回ガブモンからも出現できたのに。スサノオモンは出現条件めちゃくちゃになるかもしれませんが10闘士全部からとか、何ならハイブリなら何からでも可とかで良かったんじゃないかと思いますけどね。全部のスピリット入ってるでしょ?後述のログのテキストがめんどくさくなるかもしれませんが。


Re-142 シャイングレイモン

20190812220748824.png

3体のエリートゴリラ🦍の一人。対象は究極体のみと狭いですが、3倍が必要になるゴリラはほぼ究極体なので問題ありません。
バトルタイプがCで援護も+800があり、素の攻撃力で優っていておまけに空中まで持っていると、ファイターに対して特攻ともいうべき性能を有しています。元がアグモンなのでデックの組みようはいくらでもあるのもなかなか面白いですね。

総じて優秀なゴリラですが、ゴリラ界の女神であるマスティモンに対しては無力なので山に登るなどの工夫が要ります。そんな感じでよいゴリラライフを。


Re-143 シャウトモンX7

20190812220748bf1.png

援護ボックスに「神人型」デジモンがいる時、手札の「属性不明」デジモン1枚を捨てる毎に、直ちに相手ポイントを10ポイント減らす
Re-141スサノオモン 神人型 ■シャウトモンX7/手札5枚補充


20190812225924577.jpeg

圧倒的どうかしてるぜ枠。初ターンの芽心が止まらなければそのターン最低でも30点、次のターンほぼ死が待っている。相手のポイントをスナック菓子か何かと勘違いしてぼりぼり貪っていく合成魔獣。

デックの大半が属性不明で埋まってしまう構築上の不自由があるものの、補って余りある圧倒的スピードが魅力。

以下はデックに入れる選択肢になる属性不明の一覧です。ぼくが思うだけなんで他にもあるかもしれないですが。

シャウトモン
パートナーとしての1枚に加えてブレードの対策として無理なく入れられる枠。ブレードで交換した後も通常通りの動きをするために追加のレベルⅢには「シャウトモン」を入れるのがセオリー。シャウトモンはキングと通常verで2種類いますが、僕はとりあえず通常verを3枚入れればいいんじゃないかなあと思います。キングで良い理由は負けやすい相手が変わることぐらいだと思うので環境次第だと思います。


シャウトモンX7
言うまでもなく3積みですが、余計に引いたX7は弾として利用できます。またそのターンバトル勝てないなら次に出すために手札に温存するプレイングはよくやるので覚えておきましょう。

キュートモン
お馴染み。回復もダメージもすべてをこなすふぁっきんらびっと。


メイクーモン
属性不明を利用する能力はクロウォ勢の力を借りるフレーバーだと感心しますが、どう言う訳かtri.から謎の女の謎の猫が参戦。世界への恨みを力に変えて撃ち出します。性質悪い…
X7はバーンした後サクッと負けて40点失う事が割とあるのですが、triメイクーを残しておくことでロストポイントを10点に減らしたり、又は援護持ちを採用することでシャウトモンがふいに殴ったりもできるので選択肢は意外とあります。


メイクラックモンヴィシャスモード
謎の猫が進化した姿。仕事は主に謎の女がいない時のメイクーモンの代わり。ジェネリックメイクーモン。こいつに援護出来るやつがいれば感染貼ってでかい顔してるマタドゥルモンに投げつけて勝ちーってできる可能性があったけどそんな奴はいなかった。Nspだったらなー。


シャウトモンX7スペリオルモード
福音ででかい顔してるFDをしばき倒せるアウェイキング形態。このマッチだといないと困るので普通に採用でいいと思う。出た後スッといなくなって次の進化を邪魔しないあたりが偉い。でもついでにマタドゥルモンもしばき始めるのは良くないよ。


とりあえずこの6種で18枚採用できるので今後増える事はあっても足りないという事はないでしょう。メイクラからクルモンを採用して突然進化みたいなギミックも思いつきましたが流石に実用レベルとは思えないので入れませんでした。

圧倒的な速さが魅力ですが、拡張性に難ありなのでそこをどう補えるかがカギだと思います。他のデックはどんどん強くなっていくことが予想されるので。


Re-144 20thの戦闘記録!!

20190812220748aa4.png

この弾のキーカードにして全ての元凶的な。進化専用補助ならともかくなんか割と強力なオマケがついてるのが見逃せないところ。

くさった肉好きとしては注目していたのですが、使うとほぼ確実に寿命になるので内容が不確実なデックを押し付ける強さはなく、ちょっと物足りないなと思いました。寿命後のデックってなんだかんだ強いカードが揃ってるんですよね。

まあ書いてあること自体は強いので色々考えられると思います。新デックではあまりスロットに並ばない傾向にありますがプレイング次第なので。



とりあえずこんなところでしょうか。すごいセットですが環境と言うのは受け入れるキャパシティがあるもので、今は様々なデックがアップデートされまくる時期です。とても楽しいので混ざるなら今ですよ!
スポンサーサイト



揺さぶりの話

デジモンカード
08 /11 2019
ちょっとした話をしましょう。デック相性の有利、不利に関わるちょっとした話です。

マタドゥルモンが強いというのは有名な話ですが、マタドゥルモンを初めて使ってみた多くの人はいとも容易く有象無象に負けて「なんだこのクソザコデジモン」と驚くことになります。珍しいことではありません。

マタドゥルモンが強いのはありとあらゆる攻め手に対応できるからなのですが、マタドゥルモンが勝てないのは火力をはじめとしたありとあらゆる攻め手に対して「揺さぶり」をかけられてしまうからです。

「揺さぶり」とは、例えばマタドゥルモンに対してレベルⅢが援護を置くような事を言います。援護一枚や何らかの火力を上げる手段があればいなされてしまうが、無ければワンチャン勝てるようなちょっとしたジャブ。
「揺さぶり」はあくまで揺さぶりでしかないので、掛ける側はどうせダメなんだろうな…と思ってやるものですが、掛けられる側としては全て対応しないといけない脅威です。

そしてカードゲームはどんな強いデックでもカードを引けていないと使えない以上、常に揺さぶりに対応できる訳ではないという事。特に連続で揺さぶりを掛けられると、それは確実に落とせる手段に限りなく近い精度を持つようになります。

そういう理由でマタドゥルモンに対してはゴリラが有利です。マタドゥルモンはゴリラであろうと何であろうと捌ける技を持っていますが、揺さぶられすぎると吐いてしまうからです。

この理屈はマタドゥルモン以外にも色々と拡張することができます。
例えばヴォルクドラモンは「ゲージを溜めてシュートして勝つ」という柱を持っているので、ゴリラの火力ではそもそも揺さぶりにならないという強さを持っています。
ちなみにマタドゥルモンの勝利への柱は「君臨して支配する」です。ライズインペやFDなどもこれにあたり、最も一般的な柱です。殴り倒されるのに弱いです。
コアロックは「ポイントをコントロールして手札をロックして勝つ」という柱を持っており、手札を引ける望月芽心、ポイントを狂わせる太刀川ミミ、キュートモン 、オメガモンなどが揺さぶりになります。

実際、コアロックは何にでも勝てる可能性を持ったデックでしたが、揺さぶりをかけられるカードが4種11枚も入っているtri.ブレードには勝率が悪かったのでした。もう一年くらい前の話ですけどね。

まとめとしましては、理論上全てに対応できるデックであってもその時々で全てに対応できる訳ではないため、クリティカルな対策を持たないデックも揺さぶりをかけられる頻度によっては有利に戦えるという事。
そして自分が使うデックがどんな柱を持っていて、どんなカードが揺さぶりになるかを知っていると対策を立てやすいという事です。

今回はそんなちょっとした話でした。


今週はお盆weekという事で、アイドル部のカルロピノちゃんが毎日配信をしてくれます。

201908110937458c7.jpeg


虫をはじめとした生物全般に対する深い知識と柔軟な思考、可愛らしいお声とお姿を備えた魅力的なお嬢様です。
お盆で時間を有り余らせている方は是非一度見てみましょう。

デジモンカードゲーム GCS2019 Ver.2.0レポート

大会レポ
08 /04 2019
と言うわけで大会当日です。どう言うわけかわからない人は前回の記事を見てもらえると良いと思います。

使用デックはマタドゥルモンとヴォルクドラモンの2択。とりあえずどっちも使えるようにはしておきました。
メタ的な立ち位置から予選突破しやすいのはヴォルクドラモンで、優勝を狙うならマタドゥルモンかと思っていました。
ヴォルクドラモンは殆どのデックに勝てますが、しぐーさんやオメガさんとミラーになった時まず勝てません。決勝で当たって負けるでしょう。
マタドゥルモンはハカセさんのインペコアには勝てませんし、雑多な殴るデックにも下手すると負けますが、ヴォルクドラモンで勝てない2人に勝てる可能性が生まれます。
前日までの予想でヴォルクドラモンが増え、またオメガさんは使うデックが絞れなかったもののマタへのヘイトとヴォルクドラモンへの信頼を見るにヴォルクで来るんじゃないかなあと思っていたので使うのはマタドゥルモンが濃厚です。

当日午前午後で2回予選やるとか午後デック変えても良いよとかここに来て重要な情報がどかっと来ておいおいおいおいって感じでしたがそれはそれとして午前予選の組み分けが発表。

A卓


ふざけんな!!!!!!!!!!!!!!!!!



日本最強と韓国最強と第一回GCS優勝を僕と同じグループに突っ込むんじゃない!!!!!



ちくしょう!!!!!!!!!


狙ったかのような組み分けにブーブー文句を言いつつも、試合開始直前までデックをいじってて良いゆる運営だったので組み分けを見てやはりマタドゥルモンを選択。はーやるしかねー。

デックリストはこちら。多くは語りませんがメインのリストはこれで満足いっています。


1戦目 vsザッソーモン(wBさん)

修羅卓唯一の癒し。どんな地獄でもザッソーはたくましく生きていける、そんな物語性を感じますね。


まあエモーショナルと勝負は別なので90-0で勝ち。強く生きて。

2戦目 vsラーナモン(アリトさん)

アリトさんは1戦目byeだったのでここではお互いデックを知らない状況。鬼が出るか蛇が出るか…

公開されたレベルⅢはオタマモン。ラーナモンが出てきましたね。

アリトさんのラーナモン愛はデジカプレイヤーの枠を超えて知れ渡っているほど。ほぼ権利もちという事もあって久々に愛を語りに来たのでしょう。




すみません、愛とか知ったこっちゃないんですよね。100-0。もといミミで自殺されたので80-0。小癪な。



ここまででラスボス2人を残して2-0。戦況としてはしぐーさんがヴォルク使用で2-0。オメガさんがインペコア使用で1-1中でした。多分。デック相性的に順当にいけば3-1が3人で並ぶ可能性があり、そうなればオポーネントで差がつかないので残ポイントで決まることになります。ポイントも意識して残していきたいところですね。

3戦目 vsインペコア(オメガさん)

最強の男その1。マタへのヘイトとヴォルクへの信頼からデックを予想しましたがマタへのヘイトの方が勝っていたようです。
デック相性から言えば最悪ですが、勝ちの目が無いわけではありません。1ターン目にマタを展開して以降謎の男を張らせなければかなり有利にゲームを運ぶことも可能です。それが出来れば、ですが…

1ターン目。マタへの進化はできる手札。しかし相手のレベルⅢがアルカディモンであることに悩まされます。とは言え謎の男を張られればまず勝ち目はないのでここは食われることを込みで進化してスロットを流します。食われた後勝って100-70。
次のターンは進化できず。しかし手札に秘めが2枚あったので一気に使って100-10まで。どうせコアロックが始まってしまえば使えませんしここで使うしかないでしょう。

ただこれ以上ポイントを減らす手段もないまま謎の男が貼られロックが成立してしまったので終了。
8ターンか9ターンか、当然のようにロックを途切れさせないプレイングをただ見ているだけというのは心に強い敗北感を植え付けますね。


4戦目 vsヴォルクドラモン(しぐーさん)

最強の男その2。インペコア戦がほぼ勝てないことを織り込み済みでやったのに対し、こちらは勝たないといけない試合です。それもポイント60以上の条件付きで。
とは言えこのマッチアップ自体は何度もやっているので不思議とリラックスして臨めましたね。

1ターン目。相手ヴォルクシュート30点。仕上がってますね。しかしこちらも適当なタイミングでマタ豹変を立ててほぼ突破できない布陣。
ここまででほぼ負けはなくなったのですが、争いやらダンシングやらでポイントが50まで減っていたので何とかしてキュートで回復しなければなりません。キュートをインするためのヴァイスを全力で探しに行きますがどうにも見つからない。ターンばかりが過ぎてしぐーさんのポイントがどんどん減っていくばかりです。

ん…?減っていくばかり…?

そう、気づけばしぐーさんも僕と似たような挙動をしています。ドローを進めるばかりで何もアクションが無い。うん。あれは進化パーツが逝っちゃってるやつだ。
その後は二人してドローしてはポイントゲージの最初の一枚を指さしてため息をつきあう仲良しムーブ。最後に一枚残ったヴァイスを引き当てるより前に相手のポイントが先に尽きたので勝ち。条件未達の実質敗北。



と言うわけで予選突破はしぐーさん。このAブロックの結果はポイントを考慮しなければヴォルク、マタ、インペコアがそれぞれ3竦みになってそれ以外を駆逐して頂点を争う結果になっており、僕が事前に考察した通りの環境になっていると言えます。
ちなみに Bブロックでは韓国勢のジョンさんが抜けていました。強いプレイヤーがAに固まったとは言え悠々と抜けてくるのは流石…

----------------------------------------------------------------------
午前予選は地獄でしたが午後予選はまだ優しいでしょう。と思っていたらまたもオメガさんと同じグループに配属されててうーーーんこの。無理やけどほんま。
同ブロックの他のメンバーを確認しますが…恐らく誰も勝てないでしょう。つまり予選を抜けるためには僕の手でオメガさんを倒さなきゃいけないと言う事です。


んーーー無理ですね。マタを使っている限りは午前予選以上の結果にはならないでしょう。
腕には不安が残りますが、ヴォルクドラモンを握ることにします。オメガさんは強いけど、僕の環境理解だって間違っちゃいないはずです。

リストはこちら

マタや他の人のヴォルクに比べると最終的な完成度に難があります。マタドゥルを意識しているわけでもないのに争い2なあたりがきついですね。

1戦目 vsウォグレ⇒オメガモン(ルキさん)

勝った時の効果が驚異的なRe-125オメガモンが相手です。進化されるとかなりやばいなーと思いつつ、ウォグレのまま進化されなかったのでかなり事故ってもたもたしつつも60点ぐらいでとりあえずシュート。
するとここぞとばかりにプレイされたのはJFオメガブレード。なるほどこれを狙っていたんですねわかります。

でもね、このカードはスロットからじゃ使えないんだ。すまない。

次のターンオメガモンが降ってきましたが時すでに遅し。ヴォルクが噴火して終わりです。すまない。こんな書き方してるけど残り10点まで追い詰められてたので実はやばかったですね。


2戦目 vsアルボルモン(wBさん)

地獄を生き抜いたザッソーは栄養を得て木の闘士に進化した!…みたいなシナリオですかね。

クラッカーを食らったり普通に殴られたりしてなんかそこそこ減らされましたが最終的にシュートしておわ。おわおわのおわ。


3戦目 vsヴォルクドラモン(みかんさん)

出ましたね。予想通りのヴォルクドラモン、予想が当たるのは気持ちがいいものです。

このマッチでは先手と後手でプレイングがガラッと変わるわけですが、僕がもらったのは先手。早いとこヴォルクになって墓場でゲージを貯めつつあっちの墓場は許さないでゲージの速さで差をつけるプランです。

先述の通りヴォルクに強いヴォルクを選択したのでまあ勝てるだろうと高をくくっていたのですが、デックが応えてくれずガーベモンが引けない。墓場が通る。シュートも通る。おやおやおや~?

もう一発シュートされると死ぬんだよな~やばいんだよな~とか思っていましたが相手のネットが少ない。
このままなら進化用の3枚残らなそうだな。このターンは平気かな。とぼんやり見ていたら引いた後でみかんさんが青ざめているではありませんか。やはり気付いてなかったんですね、デジカは死なないと覚えられないからね。

秘めを自分に撃ってブラックグラウモンに進化することで次のターン無理やりヴォルクに進化するプレイングはなかなか見事なリカバリーだと感心しましたが、そのおかげで後攻をもらったので先にシュートさせてもらって終わりです。ありがとうございました。

4戦目 vsインペコア(オメガさん)

また、来ましたね。

お互いに3-0で迎えた予選最終戦。内容は3戦中2戦は相手のミスで拾ったような試合でしたけどそれでも全勝対決、勝った方が決勝進出です。

勝ち筋はドーベル争いでロックを抜けつつシュートすること。ドーベルが引けるかがカギです。

がっ…ダメッッ……!!!

ドーベルが上手く引けないうちにコアロックが決まってしまっておしまいです。お疲れ様でした。

----------------------------------------------------------------------
と、思ってました。その当時は。

詳しく展開を覚えているわけではないのですが、いくつか覚えているシーンがあります。
序盤、パーツが引けたのでヴォルクに進化。墓場はなかったのでシュートしても確か10点。ならシュートしないで食べられても10点で同じだろうと手番を渡して食べられたシーン。

その時なぜドーベルを取っておかなかったのでしょうか。
きっとパーツがそろったからというだけの理由で進化したのだと予想します。しかしこのマッチアップではドーベルと合わせて争いをプレイするのが勝ち筋だとわかっていたはずです。序盤でシュートすること自体は間違ったプレイではないと思いますが、墓場も無しに進化してロックを抜ける足掛かりになるドーベルを無為に消費するのは今振り返れば明確なミスであるように思えます。事実、その後ドーベルと争いとガーベを揃えることはできなかったわけですし。


なぜそのことがその時はわからなかったのでしょうか。

思うに卓に立った時点でもう相手に飲まれていたのだと思います。恐らく、勝てると思ってプレイできていなかった。

まずは午前予選で丁寧に殴りきられた事。あれである種のトラウマというか、「この人は強い」と分からされた感じがありました。
また午後予選でヴォルクを使い、事前の準備もある程度してきたのでオメガさん以外には余裕をもって勝てるだろうと高をくくっていたところ、何度もギリギリの勝負になり相手のミスが無ければ勝てなかった試合が続いた事。これには僕が思っていたよりもずっとデックを回し切れていないとわからされました。

知ってはいたけれどやはり驚くほど強い相手と、思っていたよりも随分拙いプレイの自分。
実際に腕の差があるのは事実でも、半ば勝てないことを容認していたような気がします。卓についた時点で怖気づいてプレイしているようでは知っていたはずの勝ち筋も見えなくなるというもの。この試合負けたのは恐らくそういうことです。

実力とは、どうプレイするべきかという知識と、細かいプレイを形作る経験と、自信をもって思考を巡らせる事が出来る心持ちに現れるものだと思います。
この試合のようにここまで飲まれたのは久々ですが、思い出してみれば対戦相手がテンパって頭が回らなくなっている姿はそこそこ見ていたような気がします。きっとあれもこの日のぼくと同じでしょう。


次に戦うときは知識も経験も十分に、揺るがない自信を持って挑みたいと思います。対戦ありがとうございました。


-----------------------------------------------------------------------

と言う訳で午後予選は3-1で2位。予選落ちです。
ポイントレースのために予選抜けを目標にしていたので残念な結果ですが、内容を振り返れば仕方ない事だと思います。

その後の決勝トーナメントも中々見ごたえがあって面白いものでしたが、それは決勝に残った人がレポートしてくれることでしょう。楽しみですね。

最後に現在のポイントレースの順位です。

順位2nd

暫定で4位ではありますが、1位に300pt入る事を思えば残りの2回で結果が振るわなければ今の順位を保つことは叶わないでしょう。気合を入れ直して結果につなげたいものです。


それでは今回はこの辺で。明日は僕の大好きなアイドル部の夜桜たまちゃんが書いた麻雀入門本「たまーじゃん 夜桜たまがマンガで教える麻雀入門」の発売を記念した夜桜杯がオンライン麻雀の天鳳で開催されるので僕も参加して楽しみたいと思います。興味がある人は参加したり本を買ったりたまちゃんやちえりちゃんのチャンネル登録をしてみるといいと思います。それでは。

八坂

旧デジモンカードシーズン1、
アルティメットバトルルールには明るいです。