FC2ブログ

スタンデッキ備忘録【カラデシュ~M19】

MTG
09 /27 2018
やっほやっほ、八坂だよ(月一更新)

更新が遅かったのは書くことがあんまりなかったからですね。
や、書くことないわけでもないですけど。少し前にはカードランドの大会でも優勝などさせてもらいましたし。


優勝したとは言っても「こんな風に考えてこうやってデックを構築してこうやって頑張ったから優勝したんだ!」的なアレが無いとブログに書くほどでもなくtwitterで呟いて終わりになっちゃうんですよね。

そう、ブログに残すにはそれ相応のネタが必要なんですね。
嘘です別に必要じゃないですけどぼくはそれ相応のものが無いとtwitterで満足しちゃうって話です。



というわけでなんか残すようなネタあるかなあって考えまして、今回はMTGのデッキの話をしようかなと思いました。

と言うのもそろそろスタン落ちなんですよね。

競技プレイヤーでもないぼくはどっかに成績が残ってることもないのでこのまま新セットが出れば今のデッキは思い出にしか残らずやがて消えていくのですが、それではあまりに寂しいので供養の意味も込めて今使っているデッキをここに残しておこうと思います。

image1 (1)

今期のぼくのデッキは画像の通り。見ての通りの猫デッキです。いいでしょ。


このデッキを使い始めたのは前のローテーションで戦ゼンとイニ影ブロックが落ちた直後から。
カラデシュとアモンケットのカードだけでクリーチャーが大体揃っていたのでスタン落ち直後からまあまあデッキとしての形はできていたんですが、一方でイクサランで得たものがイマイチだったので猫デッキとしてはカードが足りないまましばらく弱いデッキでした。

弱いデッキを使っていると当然勝てないもので、使ってるだけで楽しい猫デッキとは言ってもずっと負け続けていると参ってきます。

MTGのスタンは使っているうちに経験を生かしてどんどんデッキをアップデートし、完成度を上げてじわじわ勝てるようになっていくのが楽しいのですが、テーマに沿う形だとどうしても限界がありました。


そんなわけでドミナリア発売ぐらいの時には猫デッキではなく同じ色の緑白トークンデッキを使っていたのでした。

そのデッキはカラデシュの霊気装置とドミナリアの苗木という2種類の2マナトークン2体生成のソーサリーを軸に3マナのロードやフレイアリーズの歌で爆発力を高めて一気に攻める真っすぐなデッキで、爆発力と素直さが良かったのかまあまあ勝てていました。
ただしそのデッキもひとたびトップメタの赤黒やコントロールにあたると相性やデッキパワーで勝てず、満足するにはもうちょっと…という状態。

ぼくの使うデッキは大体メタ外のローグデッキなのですが、初見殺しやゲームプラン等も含めて上手い人が使うトップメタや特に相性が悪いデッキ以外には5分以上で勝てることを目指しています。弱いデッキで勝とうなんて虫のいい話ですが意外と不可能じゃなくて、そういうデッキやプレイができるととても楽しいのです。

ですがこの時点では同じローグには勝てても特に上手いわけではない赤黒や青黒コン、青白コンに勝てていないのであと一歩満足できていなかったわけですね。


そんな中発売されたM19にはイクサランとドミナリアにほとんどいなかった猫の姿が!
猫っていうかレオニンですがクリーチャータイプは猫なので待望の猫です。
久々に猫デッキにまともな強化が来たということで、半年ぶりくらいにカラカルと君主を引っ張り出して組み上げたのが冒頭の猫デッキのひな型です。

当初は4マナ域にレオニンの戦導者が4枚入っていたのですが、4マナで出して次のターン問題なく殴れることがほぼ無く、トップデッキして盤面をひっくり返せるほど強くもないので飛行で殴れる収集艇やシャライに取って代わられていきました。またアジャニはちょっと高いので買うのを躊躇していたのですが、猫デッキとして入ってないのは嘘なので最近買いました。


デッキの理想的な動きは1マナ2マナ域で猫をテンポよく並べていってアジャニの群れ仲間を高速で大きくするか、わらわら並べて対処できない大きさに育った君主で無限にトークンを生成するか、それらをまとめてカラカルで強化してダメージレースをぶっ壊すかです。

どの動きも全除去をくらうと壊滅するので苦手なデッキはあるのですが、トップメタの赤黒に対して鎖回しさえケアすれば絆魂とどでかい群れ仲間や君主で耐えられるので全体としての勝率も悪くなく、前のスタン落ち以降ようやく満足いくデッキに仕上がったという感じです。


このデッキの満足ポイントは猫がわらわら出てきて可愛くて楽しいところとイクサラン期にFNMで勝ち取ったFoil都市の承認を使えるところと、サイドに一度扱ってみたかったカードNo.1《信義の神オケチラ》がサイドに入ってるところです。あと基本土地が破滅ランドなところですね。



残念ながらスタン落ちで猫は殆ど落ちてしまうので次の環境では別のデッキを使うのですが、それまでの残り短い間猫を満喫したいと思います。

それでは今回はこんなところで。初めてのMTG記事でした。次はシーズン1の記事を書きます
スポンサーサイト



八坂

旧デジモンカードシーズン1、
アルティメットバトルルールには明るいです。