FC2ブログ

アプカカード個別解説第二弾②

アプモンカード
01 /20 2017
懲りずにはい

BT2-01~BT2-10
カードリスト


BT2-11 スリープモン

BT2-11.png

かわいくて桃色。つまり持つ者。

アプカの並アプモンの選出はその弾の超アプモンの進化前からなされているのですが、このスリープモンだけは現状続く超アプモン不在で登場した特異点です。1弾ではミュージモンとかハックモンとかいましたがあれは主役級でしたし…チュートモンと同じ立ち位置にいるとも考えにくいので、並アプモンと言うよりアニメ敵サイド主要人物の一人として見るべきですかね。

うーん、それならレアリティとかアビリティとか考えてくれても良かったんじゃなーい?

ところでアプモンはデジモンよりも直接的なネーミングが多いとは各所で聞く評判ですが、必殺技の名前もデジモンより型破りなものが多いように思います。気にしない人も多いでしょうが、なかなか面白いものも多いですよ。

BT2-12 パズルモン

BT2-12.png

クラフトモンとブレモンに進化できる無。メッセモンのそっくりさん。

色違いデジモンに関しては一家言あるのですが、単に色が違うだけでなく細部のデザインに細かな違いがある点など、似ているけど別デジモンであることがわかるので評価できると思います。
アプモンはアプリなので、メッセモンとパズルモンはお互いに関係ないアプリ(他人の空似)だけど、開発会社が同じなので似たようなアイコンをしているとかそういう事なのかもなーとか思います。

地味に火属性であり、水属性であり、自然属性なのでデジモンだったら進化ルート構築が色々出来そうとか思いました。

BT2-13 キャメラモン

BT2-13.png

2体目のキャメラモン。人権を引っ提げてパワーアップかと思いきや他にもなんか色々連れてきた。

バトルタイプが変わっているのは些細な違いという事で、まずはアプリンク効果。●の攻撃力アップになったのは使いやすさ大幅アップ。プラグもまあ言うまでもなく持つ者に強化。

それより僕が注目したいのはC攻撃力ですね。今までNは基本値とオマケ(+50)までしか存在しなかったのにいきなりの+100!超の基本値に乗り込んできています。SRやURぐらいになるとちょこちょこ似たようなのが出てくるのですが、インフレ早いですね…って思いました。ただでさえ超と並の境目大したことないんだからもうちょっと抑えてもいいんじゃない?

ちなみに2弾の持つ者たちはバトルタイプCが多めな傾向にある(A4、B3、C6)のでキャメラモンはその中で頭一つ抜けた地位にいます。そんなこともあって1弾のキャメラモンを使う理由はまあなくなったといえるでしょう。

BT2-14 ショットモン

BT2-14.png


無。相方に比べて余りにも虚無。ドカペロリみたいに●■プラグのままでよかったじゃん…!

一応1弾と比べると人権を得た代わりに●プラグを失っているので使い勝手は好みによる?ぐらいのバランスか。ぼくなら人権を取りますね。

BT2-15 コンパスモン

BT2-15.png

トリップモンに進化できる緑色の無。ウォッチモンとは同じ系列なのかしら?

注目は完全オリジナルのアプリンク能力。進化先のBT2-31 トリップモンともコンボしている無駄のないデザインは見事です。と言うかコンボ専用能力なんですがね。

残念なのは現状トリップモンに活躍できる場が一つもなく、そのせいでコンボ専用能力であるこの能力に使いどころが全くないことですね。現状ではBT2-56 Lウィルスを能動的に破棄できるという利点は一応あります。

まあでも、新セットっていくつもののオリジナル能力が出ていくつかは強く、いくつかは弱く、そうして回っていくものだと思うので強かろうが弱かろうがオリジナル能力だってだけで僕はこの第2弾の結構なカードよりもデザイン面で評価できると思います。どっかの引き分けをどうにかできるどれとかあれをオリジナリティだと言い張れる気が知れないレベルのデザインですからね。能力輸入のどれとかはもちろん論外で。

BT2-16 レッシャモン

BT2-16.png

トリップモンに進化できる無。グランドロコモンSDって言われたら信じてしまいそう。

注目すべきところはやはりBT2-15 コンパスモンと同様のアプリンク能力。収録されているすべての進化前がコンボ前提の能力ってのはなんか重いですね。トリップモンには相応の甲斐性が求められます。

BT2-17 ミラーモン

BT2-17.png

コーデモンやミエーヌモンに進化できる紫色。エンシェントワイズモンSD。

女性型に進化しやすいあたり中身は…?なんて想像もできますが、まあ置いといて。BT2-32 コーデモンもBT2-35 ミエーヌモンもトップメタとは言えなくとも構築級のアプモンなので使われることは多いでしょう。チップもないですしね。

構築でなければ、先に紹介したBT2-13 キャメラモンを殴り倒せる貴重な並。いずれにしても良い働きをする事でしょう。

BT2-18 カリキュモン

BT2-18.png

サクシモンに進化できる紫色。真っ白なボディが神秘的ですき。

特別語ることはないですが、BにオマケがついてるのでバトルタイプBの超に対してやや強く無難に使いやすいでしょう。
たかが電卓アプリのくせに数値化した敵を改竄して能力ダウンとかハッキングアプリもびっくりな振る舞いをしています。大丈夫なんでしょうか。

BT2-19 バッテリモン

BT2-19.png

サクシモンに進化できる無。

以下にもパワーありそうなのに攻撃力は下振れ勢。無を感じます。

BT2-20 ドレスモン

BT2-20.png

コーデモンに進化できる赤色。

攻撃力はAにオマケがついていますが、バトルタイプCにとってAは0に等しいのでオマケがもったいない方向に働いてしまった形。

属性の没個性化が深刻なアプカの中で、赤枠ことエンタメはエンタメで固めてパワーで押せ押せなデッキが組めるのでいい感じに個性が出てると感じるのは僕だけでしょうか。エンタメ、いいと思います。








今回はここまで。無に関していよいよ語ることが無くなってきて辛いものがあります。と言うか無でなくてももはやほとんど語ることないんですが。まあ、それでは。
スポンサーサイト



アプカカード個別解説第二弾①

アプモンカード
01 /18 2017
アプカ2弾が発売されてまあまあ時間もたって、そろそろカードの評価が固まってきたころなので1弾の時にやった個別解説を2弾でもやっていこうと思います。やっていきましょう。例によってカード検索機能を使ったり使わなかったりすると良いでしょう。

第1弾解説はこちら


BT2-01 ナビモン

BT2-01.png

第2弾一発目は1弾で猛威を振るったナビモン。この並びで「あっ、ガッチモンは2弾には(Nでは)いないんやな…」という事が察せられます。

1弾で猛威を振るいスターターでも超並みの性能を誇ったナビモンですが、このカードの性能は無です。無。
いやこのカードがってわけじゃなく2弾収録の何体かは無なのです。まあ見ていきましょう。

まず攻撃力、オマケ無しの劣等生。アプリンク効果、劣等生。特殊能力、無し。人権、あり。ちなみに1弾で人権人権言いすぎたせいか2弾のカードたちはほとんどが人権持ちなのでちょっと悲しい。

ただそんなことはどうでもよくてですね、見るべきなのはプラグです。■■のそのプラグは1弾ではBT1-33 スカシモンのみに許されたUTSUWAですが、2弾ではこのBT2-01 ナビモンを含め並アプモンの約半数に実装されています。
このプラグはBT1-33 スカシモンにとっては「本体の攻撃力はちょっと低いけど優秀な能力とバトルタイプのおかげで意外と戦えるじゃん!ただプラグが■■だからやっぱり使いにくいか…」とスカシのスカたる所以をフレーバーたっぷりに表す絶好の符号でしたが、それが貧弱一般並アプモン達に実装されていたならどうでしょう。「無」です。

まずほぼアビリティを持たない上、リンクで攻撃力を上げることもできないというのは端的に言ってアプモンボックスに立つ資格が無いことを意味します。そしてこのプラグを持つ者たちはどうせなら統一感を持たせるか~と言わんばかりにリンク効果も■なのでアプリンクボックスに立つこともかなり許されません。1弾のころ少し存在した■での攻撃力アップも、●との完全なる決別を望む大いなる意志によってSR以上にしか許されていません。

つまり?つまり無です。

BT2-02 ピーポモン

BT2-02.png

レイドラモンに進化できる黄色い無です。

黄色ことシステム属性はその性質を■リンクに寄せてデザインされています。システムにハッキングしたりする様子がテクニカルに表現されているという事なのでしょう。
攻撃力を見るとオマケ無しどころかAは基本値を下回っています。個性のために下振れさせるのは可哀相だからやめてあげてほしい。

見れば見るほど戦う気の無いデザインですが、危険を知らせる注意報がこんなんで仕事は成り立つんですかね…?知らせるだけだから良いのか。

BT2-03 プロテクモン

BT2-03.png

レイドラモンに進化できるバトルタイプCの無です。

強力な効果を持つハッキングアプリのBT2-28 ハックモンに対して素で勝っているあたりは流石セキュリティ。明らかに防御特化な見た目なのにCではなくBにオマケがついてるところもそういう意図に見えるような見えないような。

無についての補足ですが、構築ではSR以上のみに許された■+500のアプリンク効果が3種類存在するので全く戦えないわけではないです。完全な無なのはリミテッドの話です。

BT2-04 ペコモン

BT2-04.png

レイドラモンに進化出来ない無です。もとい、デジップモンに進化できる無です。

この系統は見た目と名前がややこしいですが、ハンマーペコッと圧縮するのが圧縮アプリのペコモンです。

BT2-05 ポコモン

BT2-05.png

無です。デジップモンになれます。

ドライヤーポコポコ解凍(沸騰?)させるのが解凍アプリのポコモンです。顔がかわいい。

BT2-06 セーブモン

BT2-06.png

無です。と言うかぶっちゃけると黄色(システム)と緑(ナビ)と橙(ゲーム)の並はほとんど無です。悲しいなあ。

無なりに1弾の頃非常に少なかったバトルタイプをBに変える効果が増えているのはCにするはともかくAにする効果が余りにも使えないと気づいたからでしょう。

BT2-07 ドカモン

BT2-07.png

お馴染みドカモンですが、退屈な2弾の並アプモンの中では珍しくプラグが●■で特別感があります。2弾で●■なのはこのカードと相方のBT2-08 ペロリモンだけです。

そういうわけでアプモンボックスに立っても人並みに戦えます。攻撃力を見ても全ての能力にオマケがついていて実に強そう。アプリンク能力も1弾の頃と比べればほぼほぼ上位互換みたいなものなのでドカモンを使うときはこちらを使うことになるでしょう。

BT2-08 ペロリモン

BT2-08.png

ドカモンに続き2枚目のペロリモンです。

1弾のものと比べると、B攻撃力が少し下がっているもののそれは些細な事で、大きな違いと言えるのはバトルタイプの違いとアプリンク効果でしょう。Cに変えることでAを0にすることを狙うか●リンクで攻撃力アップを狙うかと言う話になると思いますが、多くの場合は●リンクが選ばれる事でしょう。

ただ、1弾と2弾で明らかにこっち、と一概に選べないアプモンはペロリモン以外にそう多くないので選ぶ楽しみがあってよいと思います。新カードってのはこういうのでいいんだよこういうので。

BT2-09 クックモン

BT2-09.png

コーチモンの進化前の1体。料理人と鬼コーチにどんな関係があるのか知りませんがまあきっと仲良しか何かでしょう。

無があればそのアオリを受けた裏側があります。すなわち■■に対しての●●です。1弾環境で●●が強かったことは記憶に新しいですが、2弾でもその差は顕著になるばかりです。いや構築では別でしょうけど。

●●を得た並アプモン達は強くなったのでその点は良いことかと思いきや、それによる悪影響は超アプモンに飛び火します。何を思ったのか2弾では特別なリンクを持つCPの奴らを除いて超アプモン達は全て●■プラグなので、多くの超アプモン達は特殊能力すら持たない●●並アプモン達に勝てないのです。こんな事ってある?

…まあ、そんな訳でこのカードは超すら屠る激アツバニラです。凄いですね。

BT2-10 レコモン

BT2-10.png

メディアモンに進化できる3体のうちの一体。紫色。

薄々想像されているかと思いますが、黄緑橙が無なら赤(エンタメ)紫(ツール)青(ソーシャル)桃(ライフ)は「持つ者」です。
レコモンはAが貧弱だったりしますがそんなことお構いなく戦えるほどプラグの影響は大きいです。まあ元々バトルタイプCにとってAは何であろうと0に等しいんですがね。

リミテではURが引けたからって大喜びでうっかりメディアモンに進化したりするとレコモンより勝率が下がると思います。もうちょっと、いえもっとバランスをテストをしてほしかったですね…









あらあらあら、2弾になってから初めての個別解説なのに暗い感じになってしまいましたね。この辺は私が個人的にリミテッドを楽しみにしていたことによるものなので皆さんは気にせずSR以上をバンバン使って●も■も入り乱れたデッキを組めばいいと思います。それこそ無の連中なんかは視界に入れる必要もないでしょう。

ただ、しっかりとした構築が出来るなら良いでしょうが、自由にデッキが組めるほどの大人買いができないような、ちょうど対象年齢くらいのユーザーは明らかな弱いカード群と、下手な超よりずっと強い並アプモン達ばかりのカードプールに楽しさを見いだせるのでしょうか。…きっと見いだせるのでしょうね。なんてったって楽しい時を作る企業バンダイの商品ですもんね。

それでは、今回はこの辺で失礼しましょう。

アプカカード個別解説第一弾まとめ

アプモンカード
01 /16 2017
第一弾個別解説記事のまとめです。この記事自体に有為な情報はありません。

BT1-01~BT1-10
BT1-11~BT1-20
BT1-21~BT1-25
BT1-26~BT1-30
BT1-31~BT1-35
BT1-36~BT1-40
BT1-41~BT1-45
BT1-46~BT1-50
BT1-51~BT1-56
ST1-01~ST1-05

アプカカード個別解説 ⑩

アプモンカード
01 /16 2017
ブースター終わったんでね。

BT1-01~BT1-10
BT1-11~BT1-20
BT1-21~BT1-25
BT1-26~BT1-30
BT1-31~BT1-35
BT1-36~BT1-40
BT1-41~BT1-45
BT1-46~BT1-50
BT1-51~BT1-56
カードリスト

ST1-01 ガッチモン

ST1-01.png

ホロ加工がイカす3枚目のガッチモン。スターター限定でなければリミテで使いたかった。

攻撃力はABにオマケ付きとCにもアクセントがついていてなかなか大盤振る舞いといった印象。能力もツブモンと一緒で無駄が少ないので並アプモン同士の戦闘だったらなかなか活躍できそうに思います。
ただしかし当然のごとく英雄の証の持ち主なのでそこは了承してもらうしかないといったところ。リンク能力も控えめなのはデジモンボックスでのみ活躍させてくれという事なのかどうなのか。

構築での使い勝手で言えばリンク能力と人権から言ってBT1-26 ガッチモンに軍配が上がるでしょうが、補って余りあるイラストアドは時に勝利以上の何かをもたらすかもわかりません。

ST1-02 ナビモン

ST1-02.png

こちらもホロ加工が輝く2枚目のナビモン。2枚のホロ加工からアプ合体する至福の体験はきっとスターターになくてはならない特別なものでしょう。さながらヴェルタースオリジナル。

このカード、すごく真っ当に優秀な性能をしているので事細かに解きほぐしていきたいと思います。

まずはステータス。オマケを超えた基本値+60の攻撃力はただ一体の例外を除けばこの第一弾において最強のものですが、そのステータスをAとC2つのパラメータで実現しているというのは驚嘆に値するでしょう。レアリティに直せばこれに近いステータスはURまで存在を許されていません。
そして能力。BT1-37 ウェザドラモンと同じオプションを最大一枚まで捨てて自身をパンプできる能力を持っています。これを超アプモン並の性能と判断するかBT1-37 ウェザドラモンがただ弱いと判断するかは判断が分かれるところかもしれませんが、少なくとも並アプモンの中ではトップクラスの能力です。
ロストポイントは英雄。人権は欲しかったですが、これだけ大盤振る舞いなのだから英雄の証に恥じない性能をしているといえるでしょう。僕はこのカードについてはちょうどいい性能の良カードだと思っています。明らかに壊れ性能のBT1-27 ナビモンさえいなければこのカードはもっと輝けたでしょう。

一つ残念なところを上げるならリンク能力ですね。スターターに収録されているカード全般に言える傾向ですがリンク能力が弱いです。悲しみ。

ST1-03 ドガッチモン

ST1-03.png

3枚目のドガッチモンで看板ホロ3枚の元締め。カックイイ。

性能はBT1-35 ドクモンと一緒。Cが破格の数値なので勝っていますが他はまあほぼ下位互換と見て間違いないでしょう。使うなら進化元が恵まれている事を活かすと良いと思います。

同じ効果を持つアプモンは他にST1-05 ゴシップモンがいますが、これら3体を比べると、A攻撃力に優れないため同系対決に弱いがBが高いため相性で劣る並アプモンに強いST1-05 ゴシップモン、Bでは劣るもののA攻撃力で優るST1-03 ドガッチモン、そして手に入れにくく進化元も不自由だがどちらの利点も併せ持つBT1-35 ドクモンといったところでしょうか。

ガチ構築にはちょっと力不足かもしれませんが、スターターらしくとても使いやすいので、初心者はこれをメインに組むと良いでしょう。

ST1-04 レビューモン

ST1-04.png

数少ないスターター限定アプモンの一体。ゴシップモンの進化元。

性能としては攻撃力はA同系に強いけれど他はそれほどでも…という程度。ロストポイントはソーシャル特有の英雄ですが、まあこの辺はブースターで当たらないカードなのでリミテで場に出すわけでもなし。あまり気にならないでしょう。

リンク能力は地味ですが強いです。BT1-31 ツブモンに次ぐ■枠の優良リンク要員としてBT1-24 ソーシャモンデッキに投入される事でしょう。

ST1-05 ゴシップモン

ST1-05.png

数少ないスターター限定最後の一体。同じくスターター限定のレビューモンから進化します。

性能はST1-03 ドガッチモンと同様にBT1-35 ドクモンと同じ。スターターのカードという事でわかりやすく強い効果を量産したのはまあ良いことだと思います。ただバトルタイプぐらいは変えといて欲しかったかな。3体いるんだし。

アプカのフレーバーテキストが勢いに欠けてて残念って話はどこかでしたと思うんですが、このゴシップモンは勢いのなさが逆にいい味を出している好例だと思います。こういうのもっと出して…じゃなくてこういうの以外はもっと軽率に「!」つけて!!!!!!ホラホラホラホラ!!!!!!!!!!










と言うわけでスターター限定カードたちでした。
収録されたカードたちはどれも結構特筆することがあっていいカードたちだったと思いますが、欲を言えばスターター限定カードだけでスターターを作ってくれたらもっと嬉しかったかなってところ。最近ではそういうの難しいんですかねえ。知らんけど。

2弾も発売されたってのにこんな今更記事ですが、2弾の事書くためにブログ開いたらこの記事が書きかけでそれなりに文章書いてたからなんとなく書き上げました。そういうわけなので内容的には時代遅れの遺産ですが、まあ気にせずさらっと読んでいただけたなら嬉しいです。

八坂

旧デジモンカードシーズン1、
アルティメットバトルルールには明るいです。