FC2ブログ

秋葉原チェルモデジモンカード非公認大会6月

大会レポ
06 /14 2016

先日6月11日、秋葉原チェルモさんで行われたデジモンカード非公認大会に参加しました。

今回も前回に引き続きアルティメットバトルルールの大会です。アルティについては自分の最も得意とするところなので楽しみ!
だったのですが前回は遅刻したせいで参加できないとかいうクソザコっぷりを如何なく発揮してしまったので、今回はちゃんと間に合う様大会の2時間前には到着していました。

早めについたのでさらに先に来ていたカワイさんとストレージを漁りながら先日発表されたアプモンの話などで盛り上がりつつ時間を潰していると、おもちゃショー帰りやリセ勢等見知った顔が次々と集まってきてなんだかよくわからないままにちょっとすごい人数に。
とはいっても半分ぐらいはリセやってたりMtGやってたりお話ししてたりで大会に参加したのは全部で7人。まあまあそんなもんですよね。アルティはデック持ってる人少ないもんね。





さて、そんなこんなで大会の話です。

今回使ったのはDSビート
DS.jpg 地底湖 危機


前回大会で猛威を振るったためにカード名「ディープセイバーズ」と地底湖とデジタルワールドの危機が制限に設定され大幅に弱体化したのですが、色々考えた結果それらを抜きにしても十分な強さがあると判断しました。


僕が組んだDSビートは元々低いレベルに寄せて速さを重視した構築だったので(参考マーメイモン等の強力な完全体は入っていなかったのですが、今回の制限もあって速さがどうしても落ちてしまうので抜けた枠にめざせ最強進化マーメイモンを入れて補強。

また、3積みだったくさった肉緻密な戦術赤プロ緊に交換。
ヤミ活が普通に採用されるアルティではくさった肉のメイン効果である相手のペースを乱す効果が薄く、また落としたカードを逆に回収される事もあってハイコロほど撃っても楽しくない事。また最近デジタルゲートが以前から思っていたよりも更に強力であると気づいたことから、それを止められて且つ通すためにも一役買う無効化系オプションを増やしました。


そして大会の結果がこちら。


1戦目 ヒラリさん 使用デック:パラコア 勝ち


パラサイ


1戦目は目新しいギミックに定評のあるヒラリさん。「今日はやりたい事が一回成功すればいいだけのデック」と対戦前に言っていましたが、それが成功すれば勝ちであるようなえげつないコンボである事は想像できます。油断することはできません。

1ターン目、アルティではまずレベル3を並べる事が最優先ですので手札交換はとても重要なところですが、ここは運良く3体が揃った…かは記憶が定かではないのですが、ラーナモンが相手の空いた場にダイレクトアタックを決められたという記憶はあります。
つまりこちらは少なくとも一体レベル3を出して進化させることができ、相手方は少なくとも3面埋まってはいなかったという事。1ターン目の滑り出しは好調だと言えます。

2ターン目もラーナモンのダイレクトが決まった事を覚えています。この時点でこちらは3面埋まり、相手はラーナモンの前が空いていた上、ポイントも100点近く差が付いていたのでかなり有利だった印象があります。


しかし続く3ターン目、それまで相手がどんなデックだかわからなかったのですが、ようやくラーナモンの前面にレベル3が出てきたかと思うとそのまま進化準備。あれよあれよと進化して出てきたのはライズ1のレオモン
これは…!と思うそばから手際良く交換デュークから予想通りパラサイモンが着地。ヒラリさんのデックだ!って明らかにわかる動きをされてぞくぞくしましたね。

そんな規格外のパワーの化物はなんとなく争いで流して4ターン目。パラサイモンコアブレイクを始めます。
アルティにおいて手札は常に枯渇しがちな貴重なリソースであり、それが断たれる事はある意味でハイコロでのそれよりもかなりの痛手だと言えます。
当然止めるべきなのでラーナモンも全力で応戦したのですが、コアブレに加えてキンデヴァまで使われてはとても敵わず。結局コアブレイクされてしまいます。

その時点での状況としてはこちらがレベル3三体、手札は0、ポイントが150〜120ぐらい?次ターン手札調整なし、オプションはヤミよりの復活1枚
相手はレベル3二体とパラサイモン、手札に少なくとも援護1枚、オプション複数でポイントが40くらい?でした。
ポイントでは大きく有利を取っていますが、次ターン以降ポイントを減らせる確定枠が無く、何ターンコアブレが続くかわからない以上、この僅かなポイントを削りきれなければ負けまで見えてきます。
この場面だとパラサイモンについては完全に相手のペースなので諦めて、他の盤面でポイントを削りきって押し切るのが得策です。しかし使えるのはヤミ活一枚、何を持ってくるかが勝敗を分けます。

まず選びかけたのがさっきから活躍しているラーナモン。単純なパワーがあるデジモンでクロックを刻むのが有効だと考えたためですが、手札が0枚だと能力が使えない事に気付き思いとどまります。
次に考えたのが強力な援護を持つマンボモン。しかし援護一枚では削りきれないため実質的に無意味みたいなものです。
最終的に見つかった答えはデプスモンでした。言わずと知れたアルティにおけるDSの超火力。他のリソースを使うことなく自分だけで戦える最適解です。

結局この選択が功を成し、相手がデプスモンを処理できないままじわじわとポイントを削り切り勝利。

あとに聞いたのですが相手のデックはパラコアタッチヴォルクのギミックが入っていたそうで、コアブレで動きを止めている間に渇望、墓場あたりを引かれていたらもしかしたら…と言う可能性もあったとのこと。すごいデックです。



2戦目 鎧皇さん 使用デック:ロイヤルナイツ 勝ち


交換デューク オメガ 赤アルフォース

グラニの全体パンプとナイツの地力、そして緻密でもプロ禁でも止まらないインコネが凶悪なロイヤルナイツが相手です。


が、レベルⅢが引けない事故を起こしていたようで初ターンに出てきた奴をデジタルゲートで飛ばし、50点ずつ4ターン殴り続けて勝ちです。これだからレベルⅢを引くことは何よりも大事なんだよな…って思いました。

あまりに極端な試合だったので僕が相手の立場だったらどうするか、他をすべて捨ててでもレベルⅢを引き込むことに腐心するか、50点を取られた時点で既にかなり劣勢であることを考慮し下手に立て直そうとするより都合のいいドローに賭けてコンボパーツを残しておくかなど、色々考えるところがありました。わざわざ話すようなことではないので勝手に一人で考えていただけですが。



3戦目 サトウさん 使用デック:DSビート 勝ち

決勝はまさかのミラーマッチ。DSは前回のアオリで露骨に弱体化を受けたのでいないだろうと思っていたのですが…人のことを言える立場ではないですけれども。(ちなみにDSを選んだ理由はデックを新しく組んでる余裕がなかったからとの事。その可能性は確かにあったなーって感じ)

内容としては結局のところ素直なビートダウン同士ですから、殴りつ殴られつでポイントを減らしあい最後は紙一重で僕が勝ちと言う感じでした。対戦中は色々考えることもあったと思うんですが、その場その場でできることを最大限こなしていただけなのでいつどんな展開でどうプレイしたみたいなのはあんまり覚えていないですね。

ただ何点かは覚えていたことがあって、一つは初ターンに赤DSを張ったと思ったら直後に奇跡のルビーで吹っ飛ばされたこと。
これのおかげでこちらは以後赤DSを張れないわけで、相手がDSを張ってしまえばその時点で圧倒的に攻撃力で不利がついてしまいます。これが初ターンでの動きだったので以後の展開を大いに不安にさせる強烈な一幕だったと思います。
一応その後すぐに地底湖を引き、相手の地底湖危機で飛ばしてDSに対抗できる場を用意できたのでフィールド的には幸運だったと思います。序盤~中盤にかけてポイント面で優位に進めるのに一役買ってくれました。

あとはこちらがデジタルゲートを常にいかに通すか、又は防ぐかを考えていたのにあちらからは一度もゲートが撃たれてこなかったことですね。たまたま引かれなかったのかあるいは入っていなかったのか…







と言うわけで3戦3勝でめでたく優勝です。
アルティの大会では何気に初優勝なので嬉しいです。優勝したことが無いからこそ勝ちにこだわってたみたいなところはありますし。いや良かった良かった。これで大手を振ってアルティメットバトルつよいマンを名乗れるというものです。

そんなアルティメットバトルつよいマンはアルティメットバトルルールの参入者を募集しています。アルティメットバトルもっとつよいマンが現れてみたこともないようなデックで僕をボコボコにしてくれるのを待っています。興味がある人は是非強いデックを汲んで対戦してくださいな。









ところでやりたかったアルティ大会優勝は成し遂げてしまったし、今後の大会はどうしましょうという事をやや考えています。

チェルモ大会については正直なところ主催の意図と僕の望むところが乖離してるところがあるのでここいらで距離をおいてもいいと思います。主催に嫌な顔をさせ続けるよりは大人しく観客に回って10月になってからまた遊ぼうって方が健全だと思いますし。

まあ、僕はさしてできた人間じゃないのでやっぱりデジカしたいってなったらしれっと出るかもしれませんが。そん時はそん時ですね。
スポンサーサイト



アプモン!

アプモンカード
06 /10 2016
2016年10月よりプロジェクトが始動するデジモンユニバース アプリモンスターズ

カードゲームが展開されるんですってよ!!!!!奥さん!!!!!!!!

カードの公式サイトはこちら

それによると~~~?んんん~~~?
2016y06m09d_233228338.jpg




フォーマットがまんま旧デジカじゃないですか!!!!!!!!奥さん!!!!!!!!!!!!!!



という事は実質デジカ復活みたいなものと見てよいのでは~~~~?????んんん~~~?





はい、と言うわけで本日6月9日、おもちゃショーにて「デジモンユニバース アプリモンスターズ」の情報が解禁されました。

デザインがそんなに好みじゃないしターゲット層の年でもないからそんなに惹かれる感じじゃないけど、ちゃんと新しい事やろうとしてるみたいだし新規ファン層とか作れるように頑張ってほしいな~~~程度の期待度だったのですが、その中でカードゲームのページを見た瞬間冒頭の通りテンションがぶち上がりまくってしまいました。どうも八坂です。お久しぶりの更新です。


それはともかく新カードですよ!新カード!しかも旧フォーマットとほぼ同じの。
一応公式的には旧デジカと混ぜて遊ぶことは想定していないという事らしいので旧デジカの展開と言うにはちょっと違うんですが、それでもフォーマットが同じという事はルールもかなりの部分が似通ってくるはずです。感覚的には旧デジカの続きとして新しくデジカの展開が始まるとみてほぼ間違いないでしょう。




ということはですよ




新弾発売日に箱を買って仲間と一緒に開けて楽しんだりとか、




次に出る弾のカードについていろいろ話して盛り上がったりだとか、




秋葉原のチェルモまで行かなくてもそこいらのカードショップやおもちゃ売り場でパックが買えたりだとか、




パックをむいたりガチャガチャを回したりだとか、




そこいらのショップの公認大会に出て全然知らない人と普通に対戦が出来たりだとか、





公式大会に出たりだとか!






そういうまるで現行のTCGみたいな事をデジカでできるってことじゃないですか?
大学で仲良くなった人に「カードも売ってないしルールも知らないだろうけどデックは用意してあるしルールは教えるからとにかくデジカやろう!」って押し売りみたいに迫らなくてもデジカができるってことじゃないですか??
それって最高じゃないですか?????




ずっと憧れてたんですよ現行のカードゲームに

シーズン1にはまってた時は当時の優勝デックとかみてこの人と是非戦いたい!って思ったし、仲間内で公認大会に何度も何度も出てプロモカードを大量に回収したりって話を聞いたときはこの世の事だと思えなかったし、ウィクロスとかMtGとか他の現行TCGをやるたびに「現行のカードっていいなあ…」って思ったし他にもいろいろ数えきれないぐらいの色々



それが今!デジカでできるってんだからこんなに嬉しいこと他にないです。
一緒に楽しめる仲間がいるのも幸福の極みだと思ってます。


そんな訳で10月8日、発売日が楽しみです。みんな買おう!プレイしよう!









ところで6月11日の土曜日は秋葉原チェルモさんで旧デジカの非公認大会がありますよ。アルティのデックを組んでみんなも参加、しよう!(宣伝)

八坂

旧デジモンカードシーズン1、
アルティメットバトルルールには明るいです。