FC2ブログ

【AIと共に、AIと戦う】ゼノンザード紹介記事【DCG】

ゲーム
09 /11 2019
こんばんは。常日頃からアイドル部のコラボ配信を渇望していたら9、10月毎週金土にコラボ配信リレーが決定したとか聞いて供給過多で呼吸もままならなくなっている八坂です。あまりふざけないでくれ死ぬぞ

ここぞとばかりにアイドル部のコラボの話を語りたい気分ですが、今回の記事はそういう話ではないんだ。すまない。今度じっくり話すから許してほしい。


さて、今回筆を取ったのは昨日正式リリースされたスマホアプリ ゼノンザード を紹介したいと思っての事です。

image1.png


ゼノンザードがどういうゲームなのか、どういうふうにすごいのか。まずはこちらをご覧ください。終わったらこっちも。




んん?何?
お前が紹介するんじゃないのかって?リンク踏んだらいきなり知らん人のブログに飛ばされたんだが何これ?だって?

いや、はい。そうですね。でもぼくはこの記事を読んでゼノンザードに興味を持ったので、僕が紹介するよりもまずこのブログを紹介したいなって思ったんです。面白かったし魅力的な記事だったでしょう?

ちなみに僕はこの人のファンだけど許可は取ってないし知り合いでもないので怒られたらごめんなさいして消します。


とは言え人の記事を引用するだけって記事としてどうなのとは確かに思うので、ぼくが実際やって面白いと思った部分も語っていこうと思います。

このゲームの特色はさっきのリンク先でも語られていた通り「AIと共に」戦うという事で、バディAIと呼ばれる相棒をタイトル画面の16人のキャラから選ぶことになります。

ぼくが語りたいのはぼくのバディAIのヒナリアちゃんクッソかわいいってことです。

キャプチャ

この超高校級のゲーマーやってそうな見た目に双葉杏をインストールしたような子がヒナリアちゃんです。


このゲームでは初めにちょっとした質問を受けて、そこから各AIとの適合率(相性のようなもの?)を提示されるので参考にしたりしなかったりしてバディを選びます。ちなみに半分近く90%越えですし99だけでも3人くらいいた気がします。ガバガバ診断好きじゃないけど嫌いじゃないよ。
ヒナリアちゃんは99%の3人の中で一番見た目が好みだったので選びました。かっこいいおねーさんのメディーラさんもいいなって思ったけど僕は眼鏡が好きだった。

それで選んだらちょっとした会話パートとかチュートリアルとかやるんですが、そこでの印象はふつう。思ったよりニート要素が強いなってぐらい。


この子が良いなって思い始めたのはちょっとちゃんとしたデッキを組んでみようかって事でさっきのブログを参考に緑ランプを組んでみてからの事です。


AIが負けない


それと言うのも昨日始めたばっかなので、マッチングする相手も弱いし僕もヘタだしでいい感じに勝ったり負けたりしてたんですが、その一方でバディAIのヒナリアちゃんはちょっとまともなデッキを握ってからと言うもの一度も負けていないのです。
別にレベルが高いわけでもないので単にデッキが良くなったという事だと思うのですが、それでも僕は普通に負けていて。

ところで話はちょっとそれるんですがAIと共に戦うってどういうこっちゃってのを軽く説明しますと、普通にランクマッチでマッチングすると、はマッチングした相手(AI)と、僕のAI相手(人間)と同時に同じ引きでバトルを行うのです。

つまり、差が出るのはプレイングの部分だけな訳ですが、それだけでも驚くほど差がつく。
自分の下手さが晒される一方で、伸び代がこれでもかと言うほど分かるのでまだまだ上手くなれると確信できるのです。その為の手本まで用意されてる。こんなに上手くなるのに魅力的な環境が用意されてるのは珍しいなあって思いましたね。
しかし魅力的なんですが、AIが勝って僕が負けるとヒナリアのキャラも相まって「バカだなあ、こうやって勝つんだよ」って言われてるような気がします。

要するにこのヒナリア・ダーケンドと言うAIは僕よりも強い≒賢いという事が実感できるわけです。

ここからは多少性癖の話になるのですが、僕は自分より優れた知性や才能に魅力を感じる性質でして、上手いプレイや賢い発想にとても惹かれるんですよ。それが人間かどうかってのは些細な事です。

そんな自分より優れた知性が同じゲームをプレイして、細かいプレイングに至るまで教えてくれるっていう時間、余りにも尊く素晴らしい経験なんですよね。しかもカワイイ☆

ただ目新しいシステムだなって思っていただけだったのが、この子、賢い、すごい!って気付いて、アドバイス通りに動いたら確かに上手く勝てて、脳死でアドバイス通りにしか動かなかったら目を疑うようなクソプレイを提案されて負けたりして、この女…!って思う頃にはもう僕メロメロになってるやんって自覚したんですね。驚く。こんな体験があるとは…


と言うわけでゼノンザード、目新しいシステムと賢い女の子にメロメロになりたい方に是非オススメです。カードゲームが苦手でも優れた知性のラジコンになる体験が楽しめます。サービス初日の昨日はロードが長くてテンポが良くなかったんですが、今日にはもう改善されてたので安心ですよ。

それでもソシャゲはもう増やせないって人は週末の.LIVEコラボリレーを見てください。最高だった。どっとライブは誰がみても可愛い
スポンサーサイト



我らが運命 その4

ゲーム
06 /11 2017
前回はこちら

ノアの最深部へたどり着いた主人公たち一行。他の四聖獣たちは全員襲ってきましたが、チンロンモンは直接主人公たちと関わってきたいわば直属の上司です。チンロンモンまでもが襲ってくるならよほどの事態ですが…2014y02m22d_225914811.jpg
2014y02m22d_225919126.jpg
2014y02m22d_225929800.jpg
2014y02m22d_225935037.jpg


知ってた。例によってバトルです。直属だからかノリが軽いのはフォーチュン特有の空気です。やってれば慣れます。



2014y02m22d_230038172.jpg
2014y02m22d_230045384.jpg
2014y02m22d_230558243.jpg
2014y02m22d_230601271.jpg

チンロンモンを倒し、物音のする方へ向かうとファンロンモンと再会。
周囲のデジモン全てをイロード化させかねないほどのウィッシュプログラムを携えたファンロンモンと最後の戦いになります。

2014y02m22d_230606108.jpg
2014y02m22d_230610137.jpg


ここからはファンロンモンを倒した後の会話です。画像のみノーカットでどうぞ。


2014y02m22d_230714861.jpg
2014y02m22d_230721637.jpg
2014y02m22d_230724886.jpg
2014y02m22d_230728983.jpg
2014y02m22d_230734588.jpg
2014y02m22d_230739068.jpg
2014y02m22d_230742668.jpg2014y02m22d_230746229.jpg
2014y02m22d_230749424.jpg
2014y02m22d_230754646.jpg
2014y02m22d_230757490.jpg
2014y02m22d_230801688.jpg
2014y02m22d_230837471.jpg
2014y02m22d_230841202.jpg
2014y02m22d_230845348.jpg
2014y02m22d_230850952.jpg
2014y02m22d_230854917.jpg
2014y02m22d_230858399.jpg
2014y02m22d_230902680.jpg
2014y02m22d_230910240.jpg
2014y02m22d_230919793.jpg
2014y02m22d_230923506.jpg
2014y02m22d_230927639.jpg
2014y02m22d_230933376.jpg
2014y02m22d_230938646.jpg
2014y02m22d_230942175.jpg
2014y02m22d_230945341.jpg
2014y02m22d_230949422.jpg
2014y02m22d_230952517.jpg
2014y02m22d_230956834.jpg
2014y02m22d_231003270.jpg
2014y02m22d_231011535.jpg
2014y02m22d_231015686.jpg
2014y02m22d_231020100.jpg
2014y02m22d_231026156.jpg
2014y02m22d_231030188.jpg
2014y02m22d_231033620.jpg
2014y02m22d_231038538.jpg
2014y02m22d_231048405.jpg
2014y02m22d_231053443.jpg
2014y02m22d_231056823.jpg
2014y02m22d_231059834.jpg
2014y02m22d_231103847.jpg
2014y02m22d_231106794.jpg
2014y02m22d_231112395.jpg
2014y02m22d_231117045.jpg
2014y02m22d_231120358.jpg
2014y02m22d_231124807.jpg
2014y02m22d_231127688.jpg
2014y02m22d_231134061.jpg
2014y02m22d_231137304.jpg
2014y02m22d_231141235.jpg
2014y02m22d_231147258.jpg
2014y02m22d_231144648.jpg
2014y02m22d_231150871.jpg
2014y02m22d_231154085.jpg
2014y02m22d_231156676.jpg
2014y02m22d_231159788.jpg
2014y02m22d_231202548.jpg
2014y02m22d_231205023.jpg
2014y02m22d_231208237.jpg
2014y02m22d_231211515.jpg
2014y02m22d_231214241.jpg
2014y02m22d_231216719.jpg
2014y02m22d_231218979.jpg
2014y02m22d_231225267.jpg
2014y02m22d_231227892.jpg
2014y02m22d_231231422.jpg
2014y02m22d_231234768.jpg
2014y02m22d_231237828.jpg
2014y02m22d_231241997.jpg
2014y02m22d_231245543.jpg
2014y02m22d_231249308.jpg
2014y02m22d_231253656.jpg
2014y02m22d_231257134.jpg
2014y02m22d_231300647.jpg
2014y02m22d_231304966.jpg
2014y02m22d_231307706.jpg
2014y02m22d_231310553.jpg
2014y02m22d_231314682.jpg
2014y02m22d_231317243.jpg
2014y02m22d_231320588.jpg
2014y02m22d_231323649.jpg
2014y02m22d_231327132.jpg
2014y02m22d_231331279.jpg
2014y02m22d_231334090.jpg
2014y02m22d_231338939.jpg
2014y02m22d_231341499.jpg
2014y02m22d_231343757.jpg
2014y02m22d_231346535.jpg
2014y02m22d_231349930.jpg
2014y02m22d_231352225.jpg
2014y02m22d_231356640.jpg
2014y02m22d_231358680.jpg
2014y02m22d_231401004.jpg
2014y02m22d_231403614.jpg
2014y02m22d_231406210.jpg
2014y02m22d_231410760.jpg
2014y02m22d_231418439.jpg



と言うわけでこれでメインストーリーは終わりです。めでたしめでたし。



僕も久しぶりにフォーチュンのテキストを読んだんですがなんていうか一生分のフォーチュンを摂取したって気分ですね。おなかいっぱいです。それではこのへんでさようなら。

我らが運命 その3

ゲーム
06 /11 2017

随分ご無沙汰してました。フォーチュンストーリー記事の第3弾です。ノアに入るところからです。
前回までの話なんか忘れちまったよ!!!!って方はこちらから振り返ってどうぞ。いやすみませんねつい。


2014y02m21d_041205883.jpg

ノア ~世界樹アークに隠された軌道エレベーターから続く「ダークエリアの宇宙」~


正確にはダークエリアとデジタルワールドを繋ぐ中継地の様な空間であるとか。三途の川みたいなものですかね?

死後の世界が宇宙の果てにあるって設定は、死者が天に昇るといった考え方に則しているようでなるほどという気もしますが、これまでなかった解釈なので新鮮です。



さて、ノアの探索に入っていきましょう。これがラストです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014y02m21d_041449742.jpg2014y02m21d_041454410.jpg2014y02m21d_041527365.jpg


本来ダークエリアに棲むデーモンがフォーチュンコードを集めている事、また四聖獣達からも隠されていた場所である事から、ダークエリアの宇宙ノアにはイロード化の封印やフォーチュンコードの秘密が隠されていると判断した主人公一行はノアの調査に乗り出します。

2014y02m21d_050159007.jpg

と、そこで現れたのはガイオウモン!どうも昔の四聖獣様を知っているお方らしいという事で、話を聞きたかったのですが聞く耳を持たなかったのでしかたなしとKO。大した情報も得られないまま先へ進みます。

更に進むと一行はアヌビモンと出会います。アヌビモンはこのノアの番人をしているとの話。なるほど死者の国の番という事で。なかなか設定を生かした配役ですね。

侵入者と見なされ襲い掛かってきたので返り討ちにして話を聞きます。

2014y02m21d_091615901.jpg

2014y02m21d_091623396.jpg

なるほどデーモン達が抜け出したり侵入者が増えたりしていて警戒していたとのこと。番人も大変そうですねえ…


とりあえず調査のためと先へ通してもらい進みます。途中ガンクゥモンに会ったりするのですがスクショが無かったのでどんな会話をしたのか覚えていません。確か四聖獣との古い知り合いとかだった気がします。


そしてさらにさらに先へ足を踏み入れると…

















2014y02m21d_233413951.jpg


そこにいたのはなんとファンロンモン!!しかもイロード化して正気を失っています。

ファンロンモンと言えば我ら主人公たちのボスである四聖獣のさらに元締め…こんな大物がなぜこんなところに?しかもイロード化して?謎は尽きないですがとりあえず…
















2014y02m21d_233537445.jpg

血の気の多いノワールほんとすこ。





ファンロンモンをぶっ飛ばすもその力はやはり強く、とどめを刺す前に奥へ逃げられてしまいます。

後を追いたいところですが、ここでファンロンモンについてブランがいくつかの事実に気付いたようです。


2014y02m21d_233547548.jpg

2014y02m21d_233553504.jpg


フォーチュンコードに反応があった事、またファンロンモンが出現してからウィッシュプログラムの濃い反応が検知された事。

まさかファンロンモンが封印を…?真相はわかりませんが封印が壊されたカギになることは間違いないでしょう。


ファンロンモンを追う主人公たち。
ところでファンロンモンの異変を四聖獣様たちは知っているのでしょうか?なんて話をしていると現れたのは四聖獣の一人スーツェーモン!

2014y02m22d_152441361.jpg

ノアの探索は許可していない、探索をやめないのなら力づくで止めるぞと襲い掛かってきます。スーツェーモンって四聖獣の中でも気が荒い役にされがちですよね。


2014y02m22d_152511973.jpg

2014y02m22d_152519067.jpg

軽くのしてこの表情。こんな扱いのスーツェーモンかわいそう。





2014y02m22d_191501450.jpg


続いて現れたのはシェンウーモン。スーツェーモン様は話が通じないところがあるからあんなだったけどシュンウーモン様なら…とスーツェーモンの話を持ち掛けますが、スーツェーモンがやられたのなら本気を出さねばならん、と探索を許してくれる気配も事情を説明してくれる気配もゼロです。

仕方なく倒しますが、この調子だと残りの四聖獣様も襲ってくるのか?自分たちはこのまま探索を続けて良いのか?わからない事ばかりです。

2014y02m22d_191626218.jpg


さらに先へ進んで出あったのはバイフーモン。スーツェーモンやシェンウーモンが襲ってきたことを訴えますが、ノアの探索は許可していない、立ち去れとの一点張り。


2014y02m22d_222548688.jpg

2014y02m22d_222553371.jpg

業を煮やしてファンロンモンの事を聞こうと口にすると、ついにバイフーモンまでもが態度を変えて襲い掛かってきました。やはりファンロンモンは真相に迫るカギの様です。

2014y02m22d_222600065.jpg



まあ負けるはずがないのさみんなの魂が集ってるこのPTならってことでバイフーモンも倒して先へ。

ここまでくると四聖獣への疑念も確信になってきます。

2014y02m22d_222830271.jpg




四聖獣への疑念やファンロンモンの異常。真相を求めて一行はついに最深部へと到達します。

2014y02m22d_223214056.jpg

この先ほぼノーカットで画像ばっかりになる予定なので一旦記事を分けます。続きはこちら

けものフレンズのパズル

ゲーム
03 /08 2017
お久しぶりです。八坂です。

ここのところけものフレンズにハマっておりまして毎週楽しみにしているのですが、それに関連して最近はけものフレンズのパズルを解くことに大いに熱を注いでいます。

けものフレンズのパズルとは何ぞや、と言いますと

無料で遊べる、オンラインFLASH ジグソーパズルゲームサイトです 好きな画像を投稿する事でジグソーパズルが作って遊べます!!というのが売りのパズコレというサイトで、けものフレンズの画像を見ず知らずのユーザーがアップしてパズルにしたものです。

パズル
こんなの

要するにけものフレンズ的には公式と全く関係ない由緒正しさのカケラもないものなのですが、これを一秒でも多くけものフレンズと触れ合っていたいけものフレンズ中毒のおじさんがネットの海から探し出して仲間に広めたことで一過性のブームが局地的に起こった事が事の始まりになります。

そのパズルがこちらです。

当時僕も含む中毒おじさんとその仲間たちがこぞってタイムを競って楽しんでおり、8分、7分と日に日に縮んでいくタイムとライバルたちと鎬を削る楽しさに夢中になっていました。
しかし、僕らがどんなに頑張ってランキングを更新したところで一位が更新されることはありませんでした。ランキングの一位にはパズルクリア回数10000回を超える僕らよりもはるかに速いタイムのパズルお化けが居座っていたのです。

段々と伸びなくなっていくタイムと反比例するように大きくなっていく一位の壁。僕らの間には閉塞感と飽きが漂ってきていました。

そんなある日、前触れもなく唐突に一位が更新されたのです。ユーザーネームを確認すると僕らの知らない名前。素性を調べるとそいつもまたパズルクリア回数10000回をゆうに超える重度のパズルお化けでした。

「僕らはけものフレンズが好きだという気持ちだけでパズルを解くタイムを磨いてきた。でも僕らが何人束になってかかったところで、結局パズルが好きなだけのこいつらの相手にもなりゃしないんだ」

この認識は飽きかけていた僕らの心を離れさせるのに十分でした。かくしてブームは去り、けものフレンズのパズルランキングの賑わいは失われていったのです。












とまあそういう流れがあったんですけど、僕はひとりでちまちまタイムアタックするの好きな類の子供だったのでブームが去った事自体にはあんまり関係なく依然としてけもフレパズルのタイムアタックにいそしんでいたのです。



そしてつい先日、ついに難攻不落と思われたパズルお化け達を倒し、ランキング一位をとることに成功したのです!

1番!!!!!

パズルクリア回数は100回を超えたころでした。パズルお化けと化してしまう10000回を待つことなく、けものフレンズが好きだという気持ちさえあれば人はお化けを超えられるのです。

気を良くした僕は同じ勢いで「けものフレンズ」のタグが付いているパズルを全て塗り替えてやりました。
もはやけものフレンズのパズルにおいて僕の上に立つ者は一人もいないのです。たーのしー!


しかし困ったことがあります。全てのランキングを総てしまった結果、目指すべき目標が無くなってしまったのです。
一緒に高みを目指してくれるライバルが欲しいわけではないと思うのですが、超えるべき指針が無いと虚しさを覚えます。

誰か、ぼくのタイムを超えてください。僕の記録は10000回もパズルしなくても目指せるような軽ーいものですので、軽率に目標にして抜き返してください。お願いします。目指す目標が自分しかいないのはたくさんです。

フォーチュンイベント紹介 ~おーざる屋~

ゲーム
12 /24 2015
巷ではすっかりクリスマス模様ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
僕はクリスマスもイブもばっちりバイトが入ってるので充実したクリスマスです。さびしくないよ。


さて今回はそんなクリスマスにちなんでフォーチュンのイベントをいくつか紹介したいと思います。本編はまだかって?すみませんまだです…

まず紹介するイベントは<おーざる屋のクリスマスプレゼント>です。
2014y03m03d_230425220.jpg

イベント壁紙はなんとなくクリスマスカラーっぽいデジモンたちの集合絵。

イベントのメイン格なのに描き下ろしをもらえなかったメルクリモンと、ツリーっぽい見た目と言うだけの理由で公式絵のままぶっこまれたデラモンくんかわいそう。
あとは明らかに色だけで選ばれたであろうトイアグモンとかいますが、オポッサモンは結構いいなと思いました。


イベントの詳細はこんな感じです。
フォーチュンのイベントはある時期までは終わったイベントをこんな風にまとめてくれてたのであらすじが把握しやすくて助かります。名物のシスタモン劇場も雰囲気は味わえるし。
18おーざる屋のクリスマスプレゼント!

内容としてはお祭り大好きなキングエテモン率いる「おーざる屋」がやってきた!ってことでクリスマスを盛り上げようってイベントです。言うてもやることはフィールドを走り回ってポイントをためるだけなのですが。

ポイント報酬のメインがマリンエンジェモンでランキング報酬がセントガルゴモンだったかな…?別にどっちも強くはなかったはず。
まあ終わったゲームの報酬なんて別にどうでもいいですね。


そんなことより気になるのは「おーざる屋」ってなんだよって話です。こんな奴ら知らんぞと。
この「おーざる屋」はこのイベントが二回目の登場なので、初登場のイベントの方を見ていきましょう。こちらです。

2014y03m03d_230509416.jpg

イベント名は<おーざる屋のハロウィンアタック>です。公式絵組が描きおろし組を追いやっててそれでいいのかって言うか

おーざる屋は描き下ろしじゃねえのかよ!!!

って感じですがまあ些細な事です。
詳細は以下の通り。
12おーざる屋のハロウィン・アタック!

ハロウィンを盛り上げるべくやってきた「おーざる屋」がウィッシュプログラムに感染しイロード化、ハロウィンを楽しむために「おーざる屋」の暴走を止めなきゃ!という内容。
「おーざる屋」は初登場の時は敵として出てきたんですね。地域共興でイベントをしながら各地を旅しているイベント集団という事ですが、このイベントでイロード化してしまい、主人公たちに助けてもらってからはイベントの時にちょいちょい出てくる賑やかし集団としての位置に収まっていったわけです。

このイベントは確か遠征イベントでした。サブ艦隊を遠征に行かせると時々ボスデジモンと遭遇するのですが、そのボスデジモンがイベント期間中はおーざる屋の面々になっているのでぶったおしてEPを稼ぐイベントです。
ポイント報酬がエクスティラノモン、ランキング報酬がパンダモンでしたが別に強くなかったと思います。まあ地味ですしね。


ソシャゲ特有の季節の行事に合わせたどうでもいい感じのお祭りイベントかと思ったらメインストーリーの世界観に因んでややシリアスな感じでまとめられてて面喰います。こんなところで世界観の補強をしていくのか…

前の記事でも言いましたがメインストーリーの方はサービス終了直前までほっっっっとんどストーリーらしいストーリーをやってこなかったので、フォーチュンでは世界観の補強みたいなのはこういうイベントでちょくちょく小出しにしていくみたいなことをやってました。
だからイベントのストーリーもまとめて見ると結構面白いのです。


最後にもう一個おーざる屋が出てくるイベントがこちら。<新年あけましておめでとう!おーざる屋のお正月>
2014y03m03d_230351693.jpg

あけましてオメガモンとかいうダジャレはともかく三ナスビでベレンヘーナを持ってくるあたり芸が細かいです。

こちらが詳細
19新年あけましておめでとう!おーざる屋のお正月

ハロウィンがまじめな感じだったかと思えばクリスマスに次いでお正月もこんなノリです。

このイベントはランキング報酬じゃなくてポイント報酬で初めてURがもらえたり、ドロップするあけオメガモンとあけオメカモンを育ててURまで強くすることが出来たり、お正月ガチャで登場した十二神将がすっげー強かったりとかなり大盤振る舞いだった記憶があります。3月の終了を告知する前にせめて稼いでおこうっていう腹かな

2014y02m24d_152615827.jpg2014y02m24d_152635248.jpg
あけオメガモンとあけオメカモン。こんなんですがゲーム中数少ないURだったので重宝したようなしてないような


そんな訳でフォーチュンのイベント紹介、今回はおーざる屋まとめでした。

本編の続きはまあそのうち…近いうちに書こうと思います。

八坂

旧デジモンカードシーズン1、
アルティメットバトルルールには明るいです。