FC2ブログ

【ネタバレ】劇場版公開前に書いておきたかった小説版ラスエボ感想など

雑記
02 /18 2020
劇場版公開前にざっくりと。

面白かったです。02と繋がらないのはわかっていたし、そこに目を瞑れば話自体がちゃんと面白かったので別物として十分な作品だったと思いますね。

個人的に気になったところ、と言うかこの小説について感じた事があります。
途中、空についてのエピソードが入るんですよ。既に公式からYouTubeで公開されてるやつですけど、アレがそのまま。
そこを見て驚いたのが、1から10まで動画を文字にした、と言うような印象だった事です。同じ内容の小説じゃなくて、映像を文字に起こしたと言う感じ。
完全な主観ですけど、それを見てこの作家ないしこの小説はそう言うスタイルなのかなと思いました。小説と言うよりも元の映像を過不足なく文字に起こしたような。漫画版ではなくアニメコミックのような。そんな印象。つまり、この小説を読んで得られる感想はそのまま映画を見て得られる感想とほぼイコールだと考えられます。

その解釈を前提に、小説版ラスエボについて思った事と、ラスエボってこう言う映画なんだなって予想をしていきましょう。

まず、この映画はかつての劇場版を彷彿とさせるシーンを盛り込みまくって作られているんだなと思いました。
冒頭のパロットモン戦は言わずもがな劇場版デジモンアドベンチャー。グレイモンとパロットモンの戦闘でまずファンの心を掴みに来た筈です。
エオスモンの描写はディアボロモンです。デジタル世界に一人存在する登場シーンや、初戦のパートはケラモン〜インフェルモンそのもの。中盤の大量のエオスモンをオメガモンでなぎ倒していくシーンはウォーゲームのオメガモンvsディアボロモン、そして終盤、現実世界にエオスモンが蔓延るところはディアボロモンの逆襲ですね。戦闘シーンの描写もまんまです。
子供に戻った選ばれし子供達のシーンはデジハリでしょう。
とにかく過去の劇場版をオマージュした場面がめちゃくちゃ多い。

これとさっきの文字起こしの様なスタイルを合わせて考えると、そう言う映像を作りたくてこの映画は作られたんだなぁ…と思えます。そう言う意図があってもちゃんと話が面白いからすごいし問題ないんですけど。

そしてもう一つ思ったのは、この映画はButter-flyのPVなんだなって事です。
君の名は。がRADWIMPSのPVだなんて言われていたのも記憶に新しいですが、ちょうどそんな感じです。
ラストあたりのシーンでは正に歌詞からとった様な台詞がありますが、あのシーンに限らずラスエボのストーリーは「Butter-flyの歌詞に合わせて考えたデジモンアドベンチャー」と考えれば非常に納得がいきます。そもそもデジアド本編ってButter-flyの歌詞とそんなにシンクロしてないんですよね。
新デジモンのエオスモンやモルフォモンが蝶モチーフな理由ももうお分かりですね?これがButter-flyのPVだからです。
だから、あのラストシーンではそれこそPVと見まごう最高のタイミングでButter-flyが流れる筈です。それがやりたくて作った映画だから。

そういう風に考えるとなぜ映画に先駆けて小説が発売されたのかわかる気がします。小説版ではやりたかった事が全然十分じゃない。それがわかるから映像で見るしかない。
新手の販促としてはもしかしたら上手いのかもしれません。僕は映画見なきゃいけないなって思いました。

そんなところですね。だから新しい進化系の名前が出なかったのも本編で名前が出なかったから以上の理由はないんだと思います。だって文字起こししただけだもん。あと同じ理論で芽心は背景にいるんだと思う。
スポンサーサイト



バトスピお勉強メモ

雑記
03 /28 2019
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

tri5章感想

雑記
10 /02 2017
tri5章楽しめたっていうぽじてぃぶな感想に需要があるみたいなので書くことにしたよ!

とは言うものの巷に溢れてるネガティブな感想は大体事実なので否定しようはないです。triが面白くないっていうのは単なる事実だと思うので。そこは別にいいんですけど。



ただ面白くない作品だからと言って楽しめないかどうかは別問題で、面白くないのはわかってるけどデジモンだし最後まで見なきゃいけないって思ってる人らが楽しめなくて文句ばっかりなのは単に可哀相だと思います。もっと楽しめる見方があると思うんですよね。

例えば5章にもなってお前ら前半チンタラやってんじゃねーよ!!って意見はよく見られるんですが、それ2章ぐらいから構成ヘタクソなのは大体わかってたし、6章で上手く畳めるペースじゃないのは明らかだったはずで、(ついでに02組を満足に出せる訳なさそうなのも明らかで)今更いう事じゃないと思うんです。

まあそこは論点ずれてるって言われても仕方ないんですが、それを踏まえて別に6章で畳まなくてもいいでしょ?って思うわけです。6章前後編に分けてもいいし6章の後終章があってもいいし、デジモンアドベンチャー02triが始まってもいい。TVシリーズじゃないんだからぶっちゃけいくら続けることもできるわけで、この期に及んで枠ガー5/6ガーとか言ってるのはなんか、そもそもこの作品が本気で6章でうまく終われると思ってるの?って思います。

この考えでいくと6章が全然グダグダで終わって次につながる予算もないからtri終了ってのが最悪のシナリオでまあ皆さんが危惧してるケースだと思うんですが、それはもうこんな作品になっちゃった時点でもう仕方ないじゃんって感じで、つまらないものはつまらないまま、さっぱり終わって黒歴史にしちゃえばいいんじゃん?って思いますよ。僕は続いてほしいですけどどうにかできる事じゃないので。

そこを踏まえて改めて茶番パートっていうかギャグシーンですが、普通に面白いと思いました。劇場でも笑い起こってましたし、仲間内で不評なのにちょっと驚きましたね。きっともう2章しかないんだから話勧めて効率よく時間使わなきゃだめだろ!!って観念が強すぎてイライラしてるんだと思います。

あと芽衣子のうじうじシーン、あれ長いし言ってること一緒だし説得力もないしで明確につまんないシーンであることは間違いないんですが、それも前々からの積み重ねのおかげでで予想を下回るつまらなさではなかったと思います。



あそこはつまんねーなーと思いながら見てたんですが、あの一連のシーン、芽衣子としてはみんなで一緒にいる時はなんだかんだ雰囲気で前向きになれた気がするけどよく考えたら大したこと言われてないし何も解決してないじゃん…ってことで芽衣子を全然説得できなくて結局何言っても駄目でしたって事を表してるのかなーって考えたら、やたら何度もやる理由と子供たちのセリフに説得力なさすぎ問題が一挙に解決してすっきりしましたね。

や、そもそもそんなシーン要らないでしょって言われたらそうなんですが入ってるんだからしょうがないしそういうシーン入れたがる作品なのわかってるでしょってことで。




あとは良かった点ですね。

進化バンクは纏めたことで大幅な時間短縮とダサさのごまかしに成功してて明白に改善してました。

アグモンも知性が回復してましたね。みんなの報告する?シーンの裏でくるくるしてただけのところとか、前までだったらおなか減った~の一言も喋って視聴者をイライラの渦に飲み込んだと思うんですが、あそこでしゃべらなかったことでそういう話題に興味が無いだけという事を表せててよかったと思います。その後のシーンも前までの経緯があるのでクソ馬鹿キャラはそのままいかなきゃいけないんですが、その縛りの中で最大限パートナーとしての役割を果たそうとしてたと思います。

ジエスモンかっこよかったですね。3体のファンネルが効果的に使われてるのすげーって思いましたよ。

個人的な解釈もあるんですがホメオスタシス周りがかなり納得できたのでよかったです。
4章のクソすぎる点として3章であんな思いでリブートしたのに何の意味もないじゃねーか死ね!って所があったと思うんですが、5章の話を聞いてるとホメオスタシスからしたら選ばれし子どもたちの事別に何とも思ってないよってことがわかると思うんですよ。
ホメオスタシスは調和を望むもの。アドの時はダークマスターズ及びアポカリモンを倒すために子供たちを選んで相応にバックアップして倒させました。
今回はメイクーモンを抑えるためにとりあえず芽衣子を選んでパートナーとして一緒にいさせることでその因子を抑えていました。
けれどイグドラシルがメイクーモンを活性化させようとしてアルファモンを送り込むし、(多分)近くにいたから太一たちにパートナー返したけどあんま役に立たなそうだし、何よりデジタルワールド全体が感染に侵されています。

じゃあリブートしようと。子供達からしたらふざけんな!でしょうけど初期化っても成熟期のデジモンとか普通にいるしデジタルワールドに大した害があったように見えなかったんでホメオスタシスからしたらこれも気軽にできる対策の一つだったんじゃないかと思います。

まずダイゴやマキの事を思えば選ばれし子どものその後の面倒を見る気はさらさらなさそうですし、では太一たちは今回の異変について選ばれたのか?って考えるとパートナーが送られたのでまあ選ばれたって事でもいいんでしょうけど、それでも駒の一つでしかないんで、大して子供たちの気持ちとか考えるわけないんですよね。ちょうどいい受信機(ヒカリ)が居たから告知したけどいなかったら告知無しでリブートしてたとしても不思議ではありません。

そんで、リブートしてもなんか駄目だったしもうジエスモン使うか~あんま強い力使いたくなかったけどな~俺もな~って事かなと。


イグドラシルの扱いについては正直4章までがうろ覚えなんで人間殺すマシーンみたいに説明されてへーそうなんだーわかりやすいねーって思いましたけど実際どうでしたっけ。


あと個人的にめっちゃ興奮したのが、ホメオスタシスのメイクーモン殺す発言に対してのたとえ正しくても仲間に手を出されて黙っていられるか!(うろ覚え)みたいな台詞。これ完全にアポカリモンと同じ立場なんですよね。
大勢の正しさのためにメイクーモンが消されるのはまさに「しょうがない事」なのですが、そんな都合で淘汰されてたまるかと主張する子供達。かつて封殺した意見を今度はアポカリモンの因子を持って主張するのは象徴的で面白いと思いました。


最後、FDになった理由もジョグレスした理由も唐突過ぎてわけわからん!太一が居なくなってヒカリ闇落ちって安直すぎひん?
って思いますけど、このまま予想通りの展開されても面白い事起こりそうにないんでわけわからんぐらいでぶっ飛んだ方が想像できなくて面白いやんって思いました。あんだけ唐突なら説明入るにしても次でしょうしね。
整合性とか話のつながりとか期待できないのはわかってるんでそこに突っ込まずに次の展開の読めなさだけで評価してます。



そんなところでしょうか。tri雑感でした。6章楽しめると良いですね!

tri4章みました

雑記
02 /26 2017
感想を書くのが流行ってるので書きます(ミーハー)

tri4章、見ました。全体的に雑だと思いました。

あ、冒頭の過去話は良かったと思いますよ。演出もデジモン選も最高だったと思います。
あと西島くんと姫川さんのいちゃこらも良かったと思います。あの頃があって今こうなってると思うと切なくなりますね。
ハックモンのシーンもまあ良かったと思います。イグドラシルとホメオスタシスが別にいるのは漫画クロウォを彷彿とさせて個人的にグッとくるのですが、あれだけあからさまに良いもんと悪もんに分けちゃうのは違うんじゃない???って思いました。



他は良いとこないですね。なんか、ひたすら雑だった。


具体的に列挙するのもアレなので割愛しますが、あんな風になったのって多分大体のストーリーを作った後それを基に具体的な脚本を書くのが壊滅的に下手だからだと思うんですよね。

まず大まかなストーリーとしては

デジモン達と再会(3章ラスト)

みんなだんだん打ち解けていく中1人だけ上手くいかない空

突如として謎の男率いるムゲンドラモンが出現。皆が散り散りになってしまう

二人きりになった空とピヨモン、なんだかんだわかりあって究極進化(同時並行で他の子供達とデジモンの絡みも描く)

ムゲンドラモンとの戦闘(戦闘中に謎の男が目的を明らかにする)
また、他の子供達も次回以降に戦えるようにしておくために他のマスターズも呼んで戦う

ムゲンドラモン(ほか)は倒したものの謎の男の目的は達成されてしまい5章へ続く…

っていう感じで、そこに過去エピソードとかハックモンのシーンとかを入れて物語のバックグラウンドもだんだん明らかにしていく…っていう話を4章全体として構想していたと思うんです。

でもこの後の肉を付けていく作業が下手なんでしょうね。展開上あらすじ通りに進めるために作中の違和感とかキャラとかバンバン無視してるように見える。

まず空とピヨモン、甘えん坊のピヨモンからパートナーの記憶を除いたら甘えの裏返しで警戒心ばかりが残った、というのは良いとして全体的に説得力に欠けると思います。
ミートボールを食べるあたり人間に対する警戒心はあの時点で解けていたと思うので、空に対してだけツンケンしている理由がよくわかりません。覚えていないことを言ってくるというだけであんなに嫌悪しますかね。当然わかりあうシーンもよくわからないまま勝手にわかりあいます。いやもしかしたら納得できる事を言ってたかも知れないですが僕は覚えてないです。あとは空側もまあなんだろうあれ、空そんな事言う?って感じ

上手くいかない→上手くいった→進化!ってあらすじだけは達成したみたいな印象

ムゲンドラモンが現れてみんなが散り散りになるシーンもまあ酷いです。1章でもそうですけど戦闘中に棒立ちになってんじゃねえよ必死で逃げろやと。やる気あんのかって感じです。そんなのが複数回見られたのが一番辛かったですね。この脚本書いてる人はこの状況に違和感を感じない人種なんだぁ…ってわかって。
勿論ムゲンドラモン側も酷いです。いつまでも準備してないでさっさと発射しろと。ブースタークローで叩きつけたりしたら空もピヨモンも死んでしまうやろがと。何手加減してんねんと。
子供達を散り散りにさせる舞台装置として、あと都合のいいピンチを演出させる機械としてしか働いてないの見え見えで辛かったです。

あと子供達の進化も大概です。太一とヤマトはよくわからんなりにカッコよかったからまあ良いとして、他はハア?って感じ。
絆は無くなってなかったんだ!みたいな事を言ってた気がしますが、じゃあ見せてから進化しろよ!絆!!!って。




そんな感じ。バックグラウンドだけ見てあとは本当にあらすじだけ読めばいいと思いました。

あ、一応擁護すると僕は上記のような理由で全く入り込めなかったのでこんなですが、周りの評価は良さげなのでちゃんと入り込めれば面白いのかもしれません。それでは。

オフ会の秋

雑記
09 /24 2015
時空が前後しているようですが、こちらは現在シルバーウィークから、楽しかったオフ会の様子をお届けします。



世間はシルバーウィーク真っただ中。皆様いかがお過ごしでしょうか。僕は祝日なんて関係なく学校です(半ギレ)

と、去年までは愚痴をこぼしていましたが、今年はうちの学校でもシルバーウィークが休みになったようで、めでたく秋の大型連休を満喫することができました。代わりに夏休みが1週間少なかったんですけど


さて今回のシルバーウィーク、僕の周りだけか知りませんが何故かそこかしこでオフ会が開かれていたようで、僕も2つほど参加しました。多い人では3日連続とか4日連続とか参加されているようで。活動的で何よりですね。


さて今回はそんなオフ会のはなし。レポートです。
まず参加したのは19日の土曜日、デジカ勢として仲良くさせていただいてる有頂天さん主催のドミニオンオフ。
ドミニオンを普及したい!という思いから開催されました。

ドミニオンと言えば、以前サークルの先輩にデジモンカードの紹介をしていた時、デジヴァイス01の話をしたら
「なるほど、つまりデジモンカードはドミニオンなのだな」
と妙な理解を示されたことが印象深いです。ちな実際ドミニオンをやってみたわけですがデジモンカードとドミニオンは違うと思います。(バッサリ
実際にどんなゲームなのかを知りたい人は各自で調べるなり買うなりしましょう。

当日は新宿のカラオケに集まって昼のフリータイムをひたすらドミニオンをして過ごすという流れ。
その日やったのは普通のドミニオンではなく東方祀争録という東方版ドミニオン。中身は通常版と一緒だという話ですが、東方を知っていると入り込みやすさが違います。カードの効果がすっと頭に入ってきますね。

カードの一つ一つの説明は面倒なので省きますが、ぼくがやってて楽しかったのは藍のカードで次のターンのために力をためて、次のターンで大合葬コンチェルトグロッソとリリカとメルランでコンボをつなぎまくりカードを引きまくり白玉楼を買いまくるプリズムリバーコンボです。大好きなリリカが輝いてるのがまぶしくて最高でした。

余談ですが、この日のドミニオンオフに先駆けて全くの初心者で挑むのはちょっとと言う気がしたので、CPU相手にドミニオンができるほぼドミニオンというサイトで予習をしてから言ったのですが、実際にカードを並べてやるのとディスプレイ上でプレイするのでは情報の処理能力と言うかプレイしている雰囲気とか、もっと端的に行ってしまえば面白さが段違いでした。
人相手にやってるかちゃんとした説明があるかとか色々要因はあると思いますが、明らかに頭の回りが違ったのが不思議な経験で楽しかったです。
こういうところがあるから非電源ゲームってのはいつまでも廃れないんだと思います。

話がそれました。ドミニオンめちゃくちゃ楽しかったよって話でしたね。
次回開催されるなら今回使わなかったエキスパンションとか試さなかった戦略とか試したいです。

僕が楽しかったのもそうですが、他の参加者さんも大いに楽しんでいたようでした。
参加者の一人、九頭見さん曰く
「今日こんなに楽しかったんだから明後日のプチオフ開かなくてもよかったんじゃないか」
と、帰りに駅へ向かう途中こぼしていたのは面白かったですね。




その日から2日後、21日の月曜日に件の九頭見さん主催でプチオフ会、通称九頭見会が開かれました。
場所はドミニオンオフと同じ新宿のカラオケで、参加者はドミニオフでまた明後日!の掛け声で解散した代わり映えのしないメンバーと、それに加えて数人、合計で12人のわりかし大所帯でした。

当日の詳しい様子は主催者さんがブログの記事にしているのでそちらを見ましょう。面白いです。


ここでは僕がどれだけ楽しんだかを書いていきましょう。いきますよ

当日、チェルモに新しくカードが入荷したというので集合前に集まってカードを漁るデジモンカード民達。

店頭に並んで値段が付くのが12時になるというので遅刻が確定するはた迷惑なデジモンカード民達。

でもできれば遅刻したくないという思いから早めに離脱して会場に向かう僕と某ラーナモンテイマーさん。

乗り換えをミスって結局5分ほど遅刻するやっぱり迷惑な僕ら。

集合場所で僕がお願いして持ってきていただいた「デジタルモンスターカードゲーム大百科」を快く貸してくださる優しいReヒラリさん。

手渡してもらってすぐ、まだ移動する前だというのに読み始める僕。

コンビニにも持って行って隙あらば読んでる僕。

会場に入ってもやっぱり読んでる僕。




…これぐらいにしましょう。とにかくめちゃくちゃ面白かったんです。「デジタルモンスターカードゲーム大百科」。
シーズン1に興味がある人はぜひ。


九頭見会のプログラムはカラオケからデジモンマウンテンまでどれも楽しかったですが、個人的にヘキサプレートシステムが一押しで楽しかったです。

まず参加者が全員自前のデックを持ってきていたという状況が面白いですね。
この九頭見会では似たような奇跡がデジモンレーシングでも起こっていましたが。

ルールはポイント管理が大味すぎるのと野生デジモンが弱すぎることを無視すれば、限られた手札の中でのプレイヤー間のやり取りとか、人のミッションクリアをいかに妨害して自分がクリアするかの駆け引きとか、詰めれば面白くなりそうな要素が多いです。

僕は前日に新しく組んできたウィルス種メインのヒョーガモンデックで1位でした。
B究極体のメタルシードラモンが素で倒せるのはやっぱり気持ちいいです。


あとは異様に盛り上がったデジモンマウンテンミニ大会。アツかったですね…
子供が楽しいおもちゃが大人だから楽しくないなんてそんなことはないんです。
子供以上に盛り上がっていたと思います


そんな感じでした。実に楽しいシルバーウィークでした。
オフ会って楽しそうだなーと思った人は10月にも人狼オフとかチェルモ大会とかありますのでお気軽に是非是非。

交流会レポート後編はもうちょっと待ってくださいね








八坂

旧デジモンカードシーズン1、
アルティメットバトルルールには明るいです。